Oracle担当者に聞く!Eloquaでの成約率アップベストプラクティス~導入、展開プロセスからデータを活用したナーチャリングまで~

マーケティングオートメーション元年と言われた2015年から約2年が経過し、MAを利用する企業が圧倒的に増えました。
お客様のWeb行動履歴をMAで利用する、営業活動の参考としてSFAに連携するといった活動は、既に大半の企業が行っていますが、それによって成果が出ている企業と、出ていない企業があるのはなぜでしょう。

本セミナーは、Oracle社の菅原氏をお招きし、MAの最初の関門である『導入』を成功させるために必ず押さえるべきプロセスのタスク化や体制づくり、またその後の運用を成功させるためのステップなどを、事例を交えてご紹介いただきます。

また、第二部では、成約率が高いリードを育てる『運用』を成功させる方法として、リードクオリフィケーションやナーチャリングについてご説明します。これらを効果的に行うために欠かせない、1st Partyの「どのようなデータを」「どのように検証し」「どのように施策に役立てるか」を、実際に導入、運用を支援しているEloquaの事例を交えたベストプラクティスでご紹介します。

タイトルOracle担当者に聞く!Eloquaでの成約率アップベストプラクティス
~導入、展開プロセスからデータを活用したナーチャリングまで~
日程2017年10月26日(木)15:00~17:00  (受付開始時間:14:45~)
会場NTTコム オンライン セミナールーム
東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル4F

交通手段:
〇JR大崎駅 東口より徒歩4分
http://www.nttcoms.com/about/map/
定員20名(定員になり次第、締切とさせていただきます)
参加費用無料
共催日本オラクル株式会社、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
お問合せNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
セミナー運営事務局
TEL:03-4330-8416   Email:info@nttcoms.com
備考同業他社の方のご参加はご遠慮いただいております。
1社から複数の方のお申込があった場合は、2名様までの参加とさせていただく場合がございます。
お申し込み
15:00~15:50

Oracle担当者に聞く!Eloquaでの成約率アップベストプラクティス
~成果を出すために必要な導入、展開プロセス~

菅原 健三

日本オラクル株式会社
マーケティングクラウド本部 アライアンス&チャネル部長
菅原 健三氏

株式会社アイ・エム・ジェイにて国内外のデジタルマーケティングツールの提案、WEBサイト分析改善コンサルティングの提案に従事。大手企業を中心としたデジタルマーケティングのROI最大化を支援。
2011年SAP株式会社入社。データ活用による企業の業務プロセスを最適化に従事。2013年より日本オラクル株式会社にて、マーケティングクラウド事業の立ち上げに参画。マーケティングクラウド統括本部の営業部を率いる。
2017年より日本、東アジア地域のアライアンス戦略をリード。
海外の最先端ベストプラクティスから各地域のお客様に適したデジタルマーケティングを提案、導入を支援する。

15:50~16:30

成約率が高いリードを育てる『運用』を成功させる方法

肥田 雄一朗

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
ソリューション部 MAソリューション担当 課長
肥田 雄一朗

デジタルマーケティング黎明期より、ソフトウェアメーカーのマーケティング担当としてSEO、BtoBマーケティングの仕組みを構築し、2016年よりマーケティングエージェンシーのクライアントサクセスマネージャーとして、BtoB企業のマーケティング戦略策定からシステム運用まで幅広いサービスを提供。2017年4月より現職。現在は、B2B企業向けのマーケティングオートメーション事業を統括。

16:30~17:00

質疑応答

お申し込み