ニュース

2017年2月28日

カスタマー・アイデンティティ・マネジメント(CIM)サービス「GIGYA」の販売を開始
~CIM分野のグローバルリーダーGigya社の国内総代理店に~

 NTT コム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本良江、以下 NTT コム オンライン)は、米国Gigya社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:パトリック・サルイアー)の国内総代理店として、同社の提供する「GIGYA」サービスの販売を開始します。

1.背景

 企業がオムニチャネルでのサービス提供を加速させるなか、複数のWebサイトやモバイルアプリなど、それぞれで会員登録をするケースが増えています。これにより同一ユーザーの重複登録や登録されたデータが現行化されずに陳腐化するなどの状況が発生し、One to Oneマーケティングの基礎となるユーザーデータの信頼性が大きく損なわれているといわれています。
 また、2017年5月に改正個人情報保護法が施行されるほか、2018年5月にはEU一般データ保護規則(GDPR)が施行される予定となっており、多くの企業が個人データ管理におけるプライバシーとセキュリティの強化に向けた取り組みを求められています。
 こうした動きの中、複数のサイトやアプリ間でバラバラに管理されていたユーザーデータを紐づけ、一元管理することで顧客をひとりの人として捉える『カスタマー・アイデンティティ・マネジメント(CIM)』に注目が集まっています。また、このCIMは各国の個人データ保護やコンプライアンスに準拠する機能を持ち合わせているためグローバル企業での導入が進んでいます。

2.提供内容

 CIM分野のグローバルリーダーであるGigya社のサービスプラットフォーム「GIGYA」は、既に米国やEU各国含めた世界46ヶ国で700社以上に導入されており、導入各社が「GIGYA」に保管しているユーザーデータの総数は13億件以上にのぼるなど豊富な実績を有しています。このほど、当社はGigya社の国内総代理店として、「GIGYA」の販売を開始します。

【「GIGYA」の主な機能】

・コネクト(CONNECT)

 全世界約30のソーシャルメディアサービスのアカウントを利用したソーシャルログインなど、サイト訪問者(アプリ利用者)が素早く簡単に登録し、シングルサインオン(SSO)やIDフェデレーションといった複数のWebサイトやモバイルアプリケーションを一元的にログイン状態のままで利用できる環境をクラウドベースで提供

・コレクト(COLLECT)

 ソーシャルメディアサービスのユーザーデータとの自動同期や利用状況に応じてユーザーに質問を行い追加データの登録を促すなど、ユーザーデータをセキュアかつ顧客や国・地域などが求める要求・規制に準拠したうえで整理・統合・集計・管理

・コンバート(CONVERT)

 グローバルで実績ある数々のマーケティングシステムとの豊富な連携実績を有し、ユーザーデータのマーケティング活用をスムーズに実現

【「GIGYA」によって実現する価値】

これらの機能を通じて、「GIGYA」は以下の価値を実現します。

・アクショナブル・ユーザー・データ(Actionable User Data)

 これまでは、Webサイトやモバイルアプリケーションごとにバラバラに管理されていることで顧客をひとりの人として捉えることができず、またユーザー側のライフステージの変化などに伴う更新も行われず、結果として『使えない』状態となっていたユーザーデータを、マーケティング施策を推進するうえで『使える』ものとします。

・ユーザーデータベースを低コストかつスピーディに構築・運用

 Gigya社による導入済みの顧客向けの調査の結果、半数以上が3ヶ月以内で実装を完了するなど、オンプレミスで構築・運用する場合に比べユーザーデータベースを低コストかつスピーディに構築できることが数々の実績で示されています。

・個人データ保護に関する規制等への対応

 改正個人情報保護法やGDPRなどが求める個人データ保護に関する各種規制への対応について必要な機能を容易に実装することが可能となるとともに、規制内容の変更に伴うシステム対応も迅速かつ容易に行うことが可能となります。


 さらに、当社が既に展開しているOne to Oneデジタルマーケティングプラットフォーム「Salesforce Marketing Cloud」やCMSソリューション「HeartCore」などとも連携し、オムニチャネルソリューションとして展開してまいります。

「GIGYA」の詳細については、こちらよりご覧ください。
http://www.nttcoms.com/service/GIGYA/

3.Gigya社からのコメント

 日本においてNTTコム オンライン社と協業できることを大変喜ばしく思います。カスタマー・アイデンティティ・マネジメントは効果的なマーケティングを推進するうえで非常に重要であり、「GIGYA」はNTTコム オンライン社のオムニチャネルソリューションにおいて強力なラインナップとなることでしょう。カスタマー・アイディンティティ・マネジメントを通じて、匿名のオンライン上の訪問者をロイヤルカスタマーに変えていくことにより、日本のビジネスに貢献できることを期待しています。

Gigya, Inc.
最高経営責任者 パトリック・サルイアー

<NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションについて>

 NTTコム オンラインは、顧客との新しい絆を創るソリューションパートナーとして、テクノロジーとデータ解析力を強みに企業と顧客の絆を創出し、顧客ロイヤルティマネジメントやオムニチャネル顧客接点・マーケティングオートメーションなどのマーケティング・ソリューションを提供しています。

名 称: NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
所在地: 〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目5番1号 大崎センタービル
代表者: 代表取締役社長 塚本 良江
URL : http://www.nttcoms.com/

■Gigya社について

 Gigya社は、全世界の700社以上が、カスタマー・アイデンティティに基づいた関係の構築、スケーラブルでセキュアかつコンプライアンスに準拠したカスタマー・アイデンティティ・マネジメントを進めるうえで同社を利用するなどの豊富な実績を有する、カスタマー・アイデンティティ・マネジメント分野におけるリーディングカンパニーです。Gigya社のカスタマー・アイデンティティ・マネジメントプラットフォームは、企業が全世界13億人以上の消費者との信頼できるデジタルな関係を築くことに貢献しています。Gigya社のテクノロジーを活用することで、企業は、マルチデバイス環境においてユーザー登録を促進するとともに顧客を識別し、データを整理統合してリッチなプロフィールデータに変え、さらには、データをマーケティングサービスやアプリケーションと連携させることでより良いサービス、製品、エクスペリエンスを提供することが出来るようになります。ますます複雑化する規制環境において事業を運営するグローバルビジネスにとっては、地域別のデータセンターや、プロフィールデータ、興味・関心データ、オプトインや利用目的への同意について顧客が自身で管理できるセルフサービスオプションを通じて、「GIGYA」によりコンプライアンス対応と消費者からの信頼を実現できます。

【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
中村(なかむら)、屋代(やしろ)
gigya_ask@nttcoms.com
https://www.nttcoms.com/service/GIGYA/inquiry/