Person
人を知る

テクノロジー マネージメント Yasuo Suzuki

目指すのは、エンドユーザーに利便性を
感じてもらえるようなプロダクト開発

挑むべき課題を自ら探し出してチャレンジできる
サービスやプロダクトの開発や保守を担当しています。前者では案件整理や実装の検討、品質管理などが、後者では改善や新機能追加などが実務になります。自社ビジネスの成否に直接影響する非常に責任感のある仕事で、自身の存在意義を感じ、やりがいを持って業務に取り組んでいます。また、特定のお客様からのリクエストありきで臨むのではなく、あくまで自分たちが主体となって、あるべきサービス像・プロダクト像を追求していける点は、自社で開発を担う弊社ならではの醍醐味だとも思います。指示を待つのではなく、自ら課題を探し出してより高いレベルを追い求めていく必要があります。責任の大きな仕事でも早いうちから任せてもらえますし、サービスやプロダクトに自分のアイデアを反映させるチャンスにも多く巡ってきます。職務を通じて自身を成長させていきたいという人には、自信をもっておすすめできる会社です。
努力が有用な成果になっていることを実感
私は、多くの人の役に立つようなものを生み出すことに喜びを感じるタイプなので、前職も含め、ずっとエンジニアとして働いてきました。そういう意味では、自身が手がけたサービスやプロダクトの有用性を確認できる点も、この仕事の魅力ととらえています。例えば当社では、顧客サイトの利用動向を解析し、改善点を浮き彫りにするプロダクトを扱っています。顧客のサイトにアクセスしてみて、以前より使い勝手が向上していることを確認できた際などは、日々の努力が有益な成果に現れていると実感するので、とても励みになりますね。昨今、社会的にも注目度が高まっているビッグデータを預かり、スピーディに有用なアウトプットとして提供できるのが、当社のサービスやプロダクトの強みです。そして、この強みをより強化していくうえでは、最新の技術を投入する必要があります。私にとっては、チャレンジャブルで絶好の環境が整っていると思います。
インタビュイー経歴
SIerとして、多数の受託案件の開発PMを経験後、自社サービスを運営する会社の開発部長を経て現職。現在は、Visionalistをはじめとする自社プロダクト全般の開発マネジメントに従事。