Person
人を知る

調査・データ解析 データアナリスト Yoshiyuki Ishida

データ分析を駆使し、お客様のビジネスに
有益な情報を提供する喜び

分析法やロジックで異なるデータの多面性に魅力を感じて
機械学習やディープラーニングなどのデータ分析手法をもとに、お客様の業務効率化、高度化を図るのが私の仕事です。この業務に就くまではお客様に関するSNS上の「顧客の声」を収集し、事業改善への示唆を導くコンサル型の分析業務を担当してきましたが、現在はどちらかと言えば、人間が行っている業務を機械に置き換えるなど、データサイエンスを使ってモデル化していく業務が中心なので、エンジニアリング型の分析業務です。私は大学で統計学を専攻し、そこでデータ解析と出会いました。分析者自身の分析観点や課題設定によって、同じデータであってもアウトプットが異なる。そんな多面性がデータ分析の魅力であり、社会人となって仕事にしている現在でも面白みを感じるところですね。学生の頃とは違い、今はお客様や自社に対して、自分の分析が次のビジネスやPDCAにつながる、お役に立てることに喜びと楽しさを感じています。
分析に必要なのはお客様とのコミュニケーション
データ分析は、 難しい解析ロジックを駆使して分析するというよりは、お客様のビジネスや業界の動向を考慮しながら、お客様にとって有益な情報とは何かを深く思考し、どういう情報が求められているかを理解し、分析をすることであると考えています。そのため、統計学などの知識よりも、さらに重要なのは、よりお客様の業務内容を把握し、お客様が知りたい情報が何かを考えた上で分析をすることです。ある意味、データの裏側のコンテキストを読むような作業も必要になりますから、創造性が求められるともいえます。また、お客様の業務を深く理解するには、日頃からのコミュニケーションや情報収集も大切となります。人間関係を構築する能力、人間力とでもいうべき能力も要求されると思っています。将来的にはデータを分析するだけではなく、創造性を働かせて価値あるデータを生み出し、それをビジネスとして事業化できればと考えています。
インタビュイー経歴
ビッグデータ解析を強みに、SNS上の声を企業の事業に活かす「ソーシャルリスニング」のアナリストとして、流通や旅行業など幅広い業界のクライアントに携わる。直近では、機械学習やDeepLearning等、データサイエンス領域にも活用の幅を広げ、お客様の事業の業務効率化や高度化に貢献している。