2017/04/05

【海外ソーシャルメディアマーケティング情勢】

GIGYAコラム:カスタマー・アイデンティティの現状:ソーシャルログイン

NTTコム オンライン GIGYA担当です。いつもお世話になっております。

今回は、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントの世界的リーダーであるGigya社のブログから、『カスタマーアイデンティティの現状; Facebookが支配的、決済プロバイダが成長』という記事をご紹介します。

ソーシャルログイン機能とは、Facebookなど、ユーザーが自らが登録するソーシャルメディア(以後SNS)のアカウントを使い、自社サイトへの登録・ログインを可能にするサービスです。

ユーザー側にとっては、スマートフォンなど文字の入力に手間取るデバイスからの簡単なログインが可能であることや、サイトごとに異なるユーザーIDやパスワード等を覚えておく必要がなくなるなど利便性が向上し、サイト側にとっても、登録率の向上(登録時の離脱率の減少)やカスタマーエクスペリエンスの向上、登録時のデータ取得だけの一時的な運用にとどまらず、ソーシャルメディアとのデータを同期することで、会員に関する情報を受け取れるなどのメリットがあり、利用が広がっています。

また、インバウンド消費や越境ECを視野に入れたとき、海外居住者へのログイン環境を整えておくこともプラス要素になります。

また、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントにおいて、あらゆるデバイスやタッチポイントからの簡便なログイン環境を用意しておくことや、ソーシャルメディアとの同期により常にユーザーのライフステージの把握をし続けることの重要性においても、ソーシャルログイン機能は必要なものとなっています。

少し古いデータになりますが、同社によれば、2015年4月-6月において、世界で最も多く利用されているソーシャルログインサービスはFacebookで、全体の約2/3程度と支配的なデータです。2位はGoogle+で、約20%を占めています。以下、Twitter(6%), Yahoo!(4%)でした。

記事では、いくつかのデータをインフォグラフィックス形式で紹介しております。その中から、いくつか興味深いデータをご紹介します。

  • モバイルデバイスにおいてもFacebookは約77%を占めている。
  • メディア/出版サイトにおいては、Facebookは61%を占める一方、Twitterが9%, LinkedInが5%を占めている。
  • コンシューマーブランドサイトにおけるFacebookのシェアは前四半期比で8%増加し78%となっている。この増加はTwitterとYahoo!の減少を反映している。
  • アジア・太平洋地域においては、Facebookは79%を占めている。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
The Landscape of Customer Identity: Facebook Dominates, Payment Providers on the Rise

【9/1(金)開催 無料セミナーのお知らせ】

オムニチャネル戦略を推進するすべての企業にとって、顧客データの活用とその管理の両立は喫緊の課題です。
管理の面では、日本では2017年5月30日に改正個人情報保護法が全面施行され、さらに来年5月には、EUでGDPR(EU一般データ保護規則)が施行される予定です。

GDPRでは、個人データの収集・管理に関し多くの義務が課され運用遵守が求められます。
違反に際しては重い罰則もあるため、各企業が対応の検討を急速に進めています。
またGDPRの影響はEUに拠点がある企業にとどまらず、Web・ECやオムニチャネル戦略を展開する国内企業にも大きな影響が想定されます。

デジタルマーケティングにカスタマー・アイデンティティ・マネジメントが必要な理由

デジタルマーケティングにカスタマー・アイデンティティ・マネジメントが必要な理由

デジタルマーケティングにおいてマーケティングとセキュリティを両立させる新しい概念について解説します。

メールマガジン

GIGYAコラムやセミナー情報を初め、
お役立ち情報をメールで配信!

中村 匡史(なかむら ただし)

大手製造業、スポーツマーケティング企業、IT金融企業でのマーケティング職を経験したのち、ソーシャルマーケティング企業にてコンサルティングに従事。
顧客データの一元管理や企業内データと外部データのシンクによる顧客分析プロジェクトなどで成果を上げ、消費財におけるマネタイズモデルの開発等を経て現職。
カスタマー・アイデンティティ・マネジメント プラットフォームGIGYAのプロジェクト担当を務める。

屋代 誠(やしろ まこと)

2011年より、米国ExactTarget社(現在はSalesforce社傘下)が展開する企業向けソーシャルメディア運用支援ソリューション”CoTweet"(2013年に”SocialEngage"へと名称変更)およびSalesforce社の”Social Studio"のプロダクトマネージャーとして、ソーシャルメディアを活用するビジネス戦略の立案・実行支援に携わる。
その経験を生かし、ソーシャルメディアを包含したカスタマー・アイデンティティ・マネジメント分野のエバンジャライズを推進。
Salesforce Certified Marketing Cloud Social Specialist資格を保有。

トップへ戻る