2013/05/14

【ソーシャルxビジネス】

#06 Twitterの偽フォロワー販売ビジネスについて

NTTコム オンライン SocialEngageプロダクトマネージャの屋代です。

本日は、New York Timesのブログから、Twitterの偽フォロワー販売ビジネスに関する記事をご紹介します。
企業のTwitter活用の成功度合いを測定する指標の一つとしてフォロワー数を挙げる企業も多いと思いますが、フォロワー数を増やすことがいかに難しいか、実感されている方も多いのではないでしょうか。
偽フォロワー販売ビジネスは、ある意味でニーズに対応するビジネス、といえるのかもしれません。

記事には、以下のようなデータが掲載されております。

  • 偽のTwitterアカウントのフォロワーを販売する業者が何十社も存在
  • 販売は1,000~100万アカウント単位で行われる。平均価格は、1,000アカウント当たり18ドル(業者により価格はかなり異なるようです。)
  • 推計市場規模は4000万ドル~3.6億ドル
  • リツィート代行にも進出しており、価格は、1日5リツィートで月9ドルから、1日125リツィートで月間150ドルまで
  • Twitterのスポークスマンによれば、偽アカウント対策に努力はしているものの、ユーザーの40%はツィートせずに見るだけなので、判別が非常に難しい

偽フォロワー販売ビジネスの力を借りれば、フォロワー数を増やすことは容易なのかもしれません。ただ、このようにしてフォロワー数を増やした結果として、どのようにビジネスの目標の達成に貢献するのか?という戦略については、事前にきちんと設定し、また、効果の検証を行っていく必要があると考えます。
フォロワー数を簡単に買える状況においては、フォロワー数それ自体を成果指標に設定することは、もはや適切ではないのかもしれません。

また、Twitterのユーザーの約40%が、ツィートを行わない、いわゆる『見る専』ということも頭に入れておくべきデータと考えます。

今回ご紹介したNew York Timesのブログ記事は以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
Fake Twitter Followers Become Multimillion-Dollar Business

次回の更新は、5/20週前半の予定です。更新情報については、SocialEngageのTwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る