2013/07/30

【ソーシャルxビジネス】

#17 リツィートと、ツィート内のリンク先を読むことの相関について

NTTコム オンライン SocialEngageプロダクトマネージャの屋代です。

本日は、Webサイトsocial media todayから、リツィートと、ツィート中のリンク先のクリックなど実際に記事を読まれることとの相関についての記事をご紹介します。
本記事によれば、昨年、Hubspotがリツィートとリンククリックの相関についての調査を行ったそうです。リンクを含むツィート270万件を調査した結果、リツィートされたツィートについて、以下の事実が明らかになったとのことです。

  • 16.12%は、リンクのクリック件数以上のリツィート回数がある。
  • 14.64%は、クリック回数がゼロである。

さらに、本記事では、『サイト上の記事をどこまで読んだか』と『1人当たりの、記事についてツィートした回数』の相関について紹介しています。ここにはほとんど相関は見られない、としています。
これらの調査結果から、本記事では、Twitterユーザーは『リンク先の記事を読み終えない、あるいは、全く読むことなしにリツィートする傾向がある』としています。

記事では、このことからわかることとして、ヘッドラインの重要性を強調しています。別の調査結果によれば、注意をひきつけるヘッドラインにより、リツィートの可能性は40%も高まるとのことです。さらに、フォロワーに関わりのあるコンテンツであれば、41%増加する可能性があるそうです。

ブログなどへの誘導を目的としてTwitterを運用する場合、とかく『クリックさせ、記事に誘導すること』に重点を置いてツィートを作成しがちですが、ツィートだけで内容が完結し、リツィートを誘発するようなツィートを織り交ぜることも、リーチの拡大には有効なように思います。

記事はこちらよりお読みいただけます。(英語です)
You Will Probably Share This Without Reading It

次回の更新は、8/12週の予定です。更新情報については、SocialEngageのTwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。
Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

 

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る