2013/09/18

【ソーシャルxビジネス】

#23 ソーシャルメディアからの顧客獲得実績について

NTTコム オンライン SocialEngageプロダクトマネージャの屋代です。

本日は、インバウンドマーケティング管理ソフトウェアの提供元Hubspot社の調査結果から、 ソーシャルメディア経由の顧客獲得に関する調査結果をご紹介します。この調査は、128ヶ国の約3,000社を対象に、ソーシャルメディアから獲得したリードによる顧客獲得実績の有無についてまとめたものだそうです。

●全体

B2C企業のほうがソーシャルメディア経由の顧客獲得の経験が多く、特にFacebookでは、回答企業の約70%が顧客獲得の実績があるとのことです。反面、LinkedInについては、約22%に留まっております。逆に、B2B企業においては、LinkedInについて約53%の企業が顧客獲得実績があると回答しております。
また、ブログについては、B2CとB2Bの差異はみられず、約40%~50%という結果になっております。

●業界別

小売・卸売・消費財業界でのFacebookによる顧客獲得実績が約73%と最も多くなっております。反面、銀行・保険・金融サービス業界が最も苦戦しており、Facebookによる顧客獲得実績ありと回答した企業は約33%となっております。
ブログとTwitterによる顧客獲得実績ありと回答した企業が最も多いのは、テクノロジー(ハードウェア)業界となっております。

●規模別

顧客獲得実績ありと回答した企業の割合が最も高いのは小規模企業で、次いで中規模企業、大規模企業となっております。Facebookおよびブログにおいて顧客獲得実績ありと回答した企業の割合が最も高いのは小規模企業で、LinkedInで顧客獲得実績ありと回答した企業の割合が最も高いのは中規模企業となっております。大規模企業は、Twitterでの顧客獲得実績ありと回答した企業が約60%となっております。

●米国とそれ以外

LinkedInとTwitterについては、米国のほうが顧客獲得実績ありと回答した企業が多く、FacebookとGoogle+については米国外のほうがコンバージョンが高くなっているとのことです。

●平均顧客獲得コストについて

B2B企業で264ドル、B2C企業で149ドルとなっております。業界別にみると、銀行・保険・金融サービス業界が303ドルと最も高く、小売・卸売・消費財業界が22ドルと最も低くなっております。規模別では、大規模企業で際立って高く(425ドル)、地域別では、中東・アジア地域は252ドルと他地域に比べて高いという結果となっております。

●コンバージョン率について

B2B2C企業が最も高くなっております。業界別では、鉱業・建設・エネルギー業界が最も高く(39%)、次いで健康・製薬業界(30%)、小売・卸売・消費財業界(29%)となっております。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
Where Do Marketers Get Customers? [Data]

次回の更新は、9/24週の予定です。更新情報については、SocialEngageのTwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

 

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る