2013/11/07

【いまからはじめる「ソーシャル」「ビッグデータ」「O2O」】

”Twitter”ビッグデータを活用して金脈を掘り当てよう!

こんにちはマーケ担です。

先週はTwitter社のイベントである「flywithtwitter」で弊社BuzzFinder担当者が講演させていただいたり、

 

 「「gooリサーチ」から「NTTコムリサーチ」へのサービス名称変更、及び「カスタマー・インサイト・シリーズ」の提供開始について

・「gooリサーチ」のサービス名称を「NTTコム リサーチ」に変更いたします。

・「NTTコム リサーチ」、クチコミ分析サービス「BuzzFinder」、Web解析ソリューション「Visionalist」の3つのサービスを組み合わせた「カスタマー・インサイト・シリーズ」では、これらの3つの分析サービスを複合的に活用することで、従来の調査だけでは捉えられなかった深い部分での顧客行動の要因を多角的に把握し、これまで気付かなかった新しい顧客像の把握を図るなど、効果的なマーケティングや経営施策を展開するためのキーインサイトを提供いたします。

 

 をニュースリリースさせていただいたりと、活発な動きをすることができました。

 

これらの取り組みは「ソーシャル」であるTwitterデータを「ビッグデータ」として扱うことで、みなさんのお役に立てると信じての活動になります。

Twitterデータはどんなデータでもとってくることができるような、日本だけでも一日数千万ものつぶやきが作られていて、その情報は侮りがたいものがあります。

6000万データといえば、それこそ情報の洪水です。どんなデータが入っているかは開けてみないとわかりません。ですが、Twitterユーザーのみなさんがつぶやいてるこの情報は、けしてゴミばかりではないです。

その洪水の中に大金脈といえるほどのデータがある、そう考えて、NTTコムオンラインは皆さんの金脈への道筋をつけること、それこそが使命なのではないかと考えています。

ではどういったものが金脈であると言えるのでしょうか?

まず、今Twitterのデータを使わずに得たい情報の例を挙げてみましょう。

広報担当の方が、ニュースリリースをされたとします。

ニュースリリースはとにかくいろんな人に見てもらいたいニュースになりますよね。これは今までですと、

  • 新聞
  • テレビ
  • ニュースサイトあるいは自社のサイト
  • メルマガ
  • ファックス配信 

といった手段で配布していました。

これらは届いたなというのがある程度類推できる数字を持っています。

  • テレビは視聴率
  • 新聞は部数や新聞の面の広告単価
  • サイトはPVやUU
  • メルマガやファックスは配信数やクリック率。

そういった数字で評価することができました。

しかし、これら既存のものに関しては、基本的に一方通行です。わざわざメールで反響を書いてくれるお客様なんて、きっといないことでしょう。(もちろんゼロではないのも事実ではありますが)

これに対して、TwitterやFacebookはどうでしょうか?

TwitterやFacebookでニュースリリースをした場合、どこまで広がったかを図る方法は想像がつきますか?みなさんも、これを調べてどこまで伝播したか、は知りたいことでしょう。

TwitterやFacebookは伝播するだけではありません、TwitterやFacebookにはコメントをつけて、伝播していくことがあります。

これは貴重な情報であり、今までになかった新しい価値を作り上げていると言えるでしょう。

 

たとえば、ポジティブなコメントであれば、ニュースが伝播しつづけて、認知される度合いが高まり、お客様にもポジティブにいい流れを作ることができます。

 逆にネガティブなコメントがソーシャルの洪水の中に流れているとブランドイメージを毀損したり、せっかくのニュースが”汚れ”てしまいます。

 

それらを見分けていくのは難しい部分がありますが、ぜひとも取り組んでいくべき分野でしょう。

 

弊社ではソーシャル分野を解析するツールを持っていますので、ソーシャルの洪水の中に流れている様々なキーワードから、該当ニュースリリースの伝播されている状況をレポーティングすることができます。

 

そういった声の中にはニュースリリースに関するポジティブつぶやき、ネガティブなつぶやき。

どういった人がポジティブで、こういうニュースリリースにはこういう人が好感をもって反応をするんだ、といったことが分かります。

 

そういった中で何がポジティブな原因だったのか、あるいはなぜネガティブなつぶやきがなされたのか、それを分析すると、ニュースリリースとしての在り方やニュースのソースである商材や製品の課題点を洗い出すことができます。

 

いわば、今まで店頭やアフターサービスでしか得られなかった顧客の声をダイレクトに拾うことができるのです。

そこまでできれば、あとは対策をして、よいところを伸ばし、わるいところは改善するという通常の流れで実行できます。

 

ある事例では、「商品がよくわからない」というつぶやきに対して、懇切丁寧にTwitter公式アカウントで説明したうえで、説明書をバージョンアップしたり、サイトへ解説をつけたりすることで、そのつぶやいた人から「ありがとう」というフィードバックを得ることができました。

 

また、Twitterのデータの中には競合各社の同じようなデータが眠っています。これを拾い上げると顧客の生の声で競合比較ができますね。これは店頭やアフターサービスでもなかなか得ることができない、大きな意味があるデータといえるのではないでしょうか?

 

あなたの会社でも、まずTwitter社の提供する検索であなたの会社や製品の話題を拾ってみてはいかがでしょうか?そこには本当に金脈が眠っているかもしれません。

  

 

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ソーシャルVoCレポート

VoCとは“Voice of Customer=顧客の声”。「ソーシャルVoC分析レポート」は、Twitterなどのソーシャルメディア上で語られている「顧客の声」を専門家が分析・レポートするサービスです。消費者のインサイトを可視化することで、ビジネスのヒントを発見できます。

 

お問い合わせはこちら

 

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る