2014/06/24

【ソーシャルxビジネス】

#60 ブランドへのメンションツィートが持つ消費者への行動誘発効果について

NTTコム オンライン SocialEngageプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、Twitter社のブログから、『ブランドへのメンションツィートが持つ消費者への行動誘発効果について』という記事をご紹介します。本稿は、Twitter社が、The Advertising Research Foundation, FOX, DB5社と共同で行った調査からの結果をご紹介するものです。
本調査は、ツィートにおけるブランドへのメンションが消費者のオンラインとオフラインの行動にどのように影響するかを調べることを目的としたもので、12,000人以上のTwitterユーザーを対象としています。調査期間は、2013年9月から2014年3月までです。

記事中のインフォグラフィックスから、注目すべきデータをご紹介します。

  • 80%以上が、調査期間中に1つ以上のブランドについてツィート
  • ブランドへのメンションを見た後に何らかの行動を起こしたことがあると回答した割合は54%
  • 起こした行動のトップ5は以下の通り;
    ブランドのWebサイトを訪問 … 23%
    ブランドのTwitterページを訪問 … 20%
    ブランドについて検索 … 20%
    ブランドの試用を検討 … 19%
    ブランドについてメンションしているツィートをリツィート … 18%
  • ブランドへのメンションを見たソースの違いによる行動誘発効果の違い
    ブランド自身のソースでメンションを見た … 行動を起こした人は45%
    ブランド以外のソースでメンションを見た … 行動を起こした人は63%
    両方のソースでメンションを見た … 行動を起こした人は79%

記事では、本調査から得られた知見として以下の3点を挙げています。

  1. ブランドは、Twitterでの日常会話において極めて重要
  2. 消費者は、Twitter上でブランドへのメン

  3. ブランドにメンションするツィートのソースが消費者の行動に影響を与える

調査対象となったTwitterユーザーの80%以上が、ツィートにおいて何らかのブランドに触れていることからも、製品やサービスがTwitter上の大きな話題となっている、といえるでしょう。そして、そのツィートを見た人の多くが何らかのアクションを取っており、行動に影響を与えるソーシャルメディアとして、Twitterに耳を傾けることは、ブランドにとって必須である、といえるのではないでしょうか。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
Study: Exposure to brand Tweets drives consumers to take action - both on and off Twitter
記事中のインフォグラフィックスにて今回の結果を分かり易く紹介しております。

次回の更新は、6/30週の予定です。更新情報については、SocialEngageのTwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

 

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る