2014/07/08

【ソーシャルxビジネス】

#62 オンライン購買に至るカスタマージャーニーに関する分析

NTTコム オンライン SocialEngageプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、WebサイトThink with Googleから、『オンライン購買に至るカスタマージャーニー』という記事をご紹介します。
 オンラインでの購買に至るまでに、消費者は時間をかけて多くの異なるメディアチャネルを通じてブランドと接触する、といわれております。本稿では、2012年第4半期のGoogleアナリティクスのデータをもとに、オンライン購買に至るカスタマージャーニーを理解するツールを紹介しています。

記事では、メール・ディスプレイ広告・検索広告・ソーシャル・Webサイトへの直接訪問といった様々なチャネルが購買に至るまでの異なったポイントに影響を与える、としています。そこで、購買に至るまでのポイントとして認知(Awareness)・検討(Consideration)・意思(Intent)・決定(Decision) の4つを設定し、米国・イギリス・日本など国別、リテール・日用品・旅行など業界別に、各チャネルがカスタマージャーニーの何処で相対的に大きな役割を果たしているかを理解できるツールとなっております。

例えば、日本では、全産業平均的には、ディスプレイ広告やソーシャル、メールは認知や検討段階において大きな役割を果たす一方、口コミ(Referral)・オーガニック検索・ダイレクトの訪問が決定過程において大きな役割を果たすとされています。
ただし、業界ごとに傾向が異なっており、例えば旅行業界では、ソーシャルが認知段階において大きな役割を果たすものの、それ以外は意思・決定段階に集中しているようです。

ご関心がございましたら、下記のリンクより記事にアクセスいただき、ツールを操作して、他の国・業界などについてご覧いただければと存じます。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
The Customer Journey to Online Purchase

次回の更新は、7/14週の予定です。更新情報については、SocialEngageのTwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

 

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る