2014/10/28

【ソーシャルxビジネス】

#75 ソーシャルメディアと生きる ~「第二の画面」がテレビをもっと面白くする~

NTTコム オンライン SocialEngageプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、WebサイトNielsen Socialから、『ソーシャルメディアと生きる ~「第二の画面」がテレビをもっと面白くする~』という記事をご紹介します。
テレビの視聴というものは、一昔前までは、番組と視聴者との間のみに限られたコミュニケーションでした。しかしソーシャルテレビの登場がその関係を変え、Nielsen社の調査によれば、より多くのアメリカ人がソーシャルテレビを好意的に受け入れつつあるそうです。視聴者は、タブレットやスマートフォン、ノートPCを片手に、お気に入りの番組をフォローしたり、放送時間に関係なく放映内容をシェアしたり、番組のファン達とつながることができます。
今や、ソーシャルテレビは視聴者のテレビ視聴体験やテレビ番組の企画に影響を与えているだけではありません。広告主にソーシャルテレビが『ソーシャル・コミュニケーションの力を活用できる価値ある媒体』だと認識させるまでになっている、としています。

2012年から2013年にかけての調査によれば、視聴者の25%は、ソーシャルメディアを通してのコミュニケーションによって、テレビ番組を以前よりも意識するようになったそうです。2013年には15%の視聴者が、ソーシャルメディアを取り込んでいる番組のほうが面白い、と答えているそうです。番組のコンテンツについては、2013年に、生放送番組をより多く見るようになったと答えた視聴者は11%, より多くの番組を録画するようになったと答えた視聴者は12%だったそうです。
加えて、Nielsenの調査『2014年第一四半期のクロス・プラットフォーム・レポート』によると、18歳以上の平均的な視聴者は生放送を1日当たり5時間10分も視聴しているのに対し、タイムシフト放送を1日当たり34分視聴しているそうです。

エスニック・グループの視点から視聴者に対するソーシャルメディアの影響についてみてみると、アフリカ系アメリカ人、アジア系、ヒスパニック系については、全国平均と比較してより多くの層がソーシャルメディアを活用しながら生放送をより多く視聴し、より番組を意識し、録画をし、結果的にテレビをより楽しんでいるようです。
特に、ソーシャルメディアが最も多大な影響を与えているのはヒスパニック系の視聴者だといわれています。(番組認知度(32%)、テレビ視聴を楽しいと思っている(26%)、生放送をより多く視聴する(18%)の点で最も高い数値となっているようです。)
また、アフリカ系アメリカ人は新番組をオンラインで最も試聴する視聴する割合が最も高い(14%)グループであり、アジア系は新しいテクノロジーのアーリー・アダプターで、他のどのグループよりも多く録画をするそうです。

視聴者はテレビ番組を見ている間、ソーシャルメディアだけでなく「第二の画面」を使って他のデジタル・アクティビティを行っているようです。自分用のスマートフォンやタブレットを所有している13歳以上のアメリカ人について、タブレットユーザーの2/3以上とスマートフォンユーザーの約半数は、お気に入りのテレビ番組を見ながら取る行動のトップはWebサイト閲覧と回答しているそうです。
またタブレットユーザーの40%以上が、テレビを見ながらネットショッピングをしたり、Webで出演者やあらすじ、アスリートについて調べたりしているそうです。スマートフォンユーザーの場合は、29%が見ている番組についてメールなどのテキストメッセージを友人に送っており、27%が気になるスポーツの結果をチェックしているそうです。

最近の視聴者は、もはやテレビを点けてチャンネルをなんとなく回しているだけではなく、「第二の画面」のトレンドに乗り、自分のライフスタイルに新しいものをどのように取り込むかを学び続けている、としています。ソーシャルメディアが視聴者に影響を与え続ける限りは、広告主は視聴者とのソーシャル・コミュニケーションと、視聴者がテレビを見ているときに行っているアクティビティに関われるような機会を見出すべきである、としています。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
LIVING SOCIAL: HOW SECOND SCREENS ARE HELPING TV MAKE FANS

次回の更新は、11/4週の予定です。更新情報については、SocialEngageのTwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

 

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る