2014/12/16

【ソーシャルxビジネス】

#82 デジタルマーケティングに関する統計データ

NTTコム オンライン SocialEngageプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、SocialEngageの提供元ExactTarget社のブログから、『デジタルマーケティングに関する統計データ』という記事をお送りします。

本記事は、Salesforceマーケティングクラウドが過去に実施した独自調査やベンチマークレポートなどから、注目すべきデータをご紹介するものです。ここでは、ソーシャルメディアに関わるものを中心にご紹介します。

  • マーケティング担当者の46%がソーシャルをビジネスのコアと考えている。
  • デジタルマーケティング担当組織の60%がソーシャルリスニングを行っている。
  • マーケティング担当者の18%が2014年にGoogle+を使うことを計画している。
  • マーケティング担当者の72%がYouTubeを使っている。

  • 消費者の46%が、ブランドはソーシャルメディアで意味のあるコンテンツを提供していないと考えている。
  • 2013年に、企業のTwitter公式アカウントのフォロワー数は平均43%増加
  • メディア・エンターテインメント、金融サービス、教育・非営利団体が、1ツィート当たりで最も多くのリツィートを獲得
  • 写真つきツィートのリプライ・リツィートは128%高まるにもかかわらず、公式アカウントからの写真つきツィートは全体のわずか8%
  • Facebookのリーチあたりエンゲージメントでみると、週末は16%高まるにもかかわらず、週末の投稿は全体のわずか15%
  • Facebook広告のCTRは2013年に0.18%から0.36%に高まっている。
  • CPMは、第1四半期の0.31ドルから第4四半期には0.75ドルに高まっている。
  • 2013年に、Facebook広告のCPCは24%高まっている。
  • 2014年第4四半期のモバイル広告のCTRは1.56%で、Facebook広告よりも300%良い。しかし、CPMでみると、5.41ドルとなっている。
  • Facebook広告のモバイルでのコンバージョン率は8.08%
  • Facebookモバイルアプリの1インストール当たり平均コストは2013年に4.29ドル。
  • Facebook広告でリーチした場合、メール開封者のクリック率は8%高まり、購買率は22%高まる。

その他、記事には、デジタルマーケティング全体、メールマーケティング、モバイルマーケティング、Web/プレディクティブインテリジェンス、データ分析に関する統計データが掲載されておりますので、どうぞご覧ください。
 また、各分野に関する詳細な報告もダウンロードいただけます。(英語となります。)

 

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
75 Digital Marketing Stats from Salesforce Marketing Cloud Research

次回の更新は、12/22週の予定です。更新情報については、SocialEngageのTwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る