2015/01/06

【ソーシャルxビジネス】

#84 Twitterからクリックを得るための5つのテクニック

NTTコム オンライン SocialEngageプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、ソーシャルメディア分析ソリューションを提供するSimplyMeasuredのブログから、『Twitterからクリックを得るための5つのテクニック』という記事をお送りします。

自社サイトに誘導するためにTwitterをお使いの方も多いかと存じます。本記事では、ツィート内のリンクをクリックしてもらうためのテクニックを紹介しています。

1. 何かをオファーする - ただし、ぼかして

記事では、@TallbotsOfficial という、フォロワー数9,980のアカウントの例を紹介しています。あるツィートにおいて、4,986件のクリックと19,000以上のポテンシャルインプレッションを獲得したそうです。筆者は、この成功の要因として、何かを得られる可能性、それと同時にそれが何であるかを明確に示していないことを挙げています。

2. 入り口としての画像

ここでは、@Athleta というトレーニングウェアブランドが、ある画像つきツィートにおいて、1ヶ月間に平均比約3倍のクリック(649件)と平均比約19倍のエンゲージメントを得た例を紹介しています。記事では、この画像において、商品を美しい風景の中心に上手に据えることで素晴らしい世界をブランドとして約束している、としています。

3. コンテクストを考えさせる

フォロワーに、インフルエンサーからの引用という形で賢明さ(a taste of wisdom)を、コンテクストから切り離して与えることを提唱しています。例としては、Barneys New Yorkのツィートが挙げられています。このツィートでは、引用符で1つのテキストが与えられ、その後にリンクが続いています。好奇心を呼び起こすことで、このツィートはリンク先のコンテンツが1ヶ月間に得たクリックのほとんどを獲得したそうです。

4. コンテンツをニーズに合わせる

ここでは、ハフィントンポストの記事にリンクしたAnytime Fitnessの画像つきツィートを紹介しています。このツィートは、1ヶ月間に同アカウントが平均的に得ているクリックの約1,000倍に相当する3,471クリックを得たそうです。
 この成功は、フィットネスクラブがフォロワーと、フォロワーが見たいもの(厳しい努力への確認と、そのような努力の価値に対する更なる情報)を深く理解しているからである、と述べています。

5. 何だこれ!(WTF)

ここでは、Sierra Nevada Beerによる、天体写真を添付した奇妙なツィートを紹介しています。もちろん、同社は宇宙探検にかかわっているわけではありませんので、フォロワーにとっては不思議なものであり、クリックをそそるものであったのではないか、としています。通常はブランドと特に関わりないコンテンツを、何の説明もなしに提供しフォロワーを驚かせることで、クリックを誘発できる、としています。

ご紹介したテクニックは、現記事のツィートをご覧いただくことで、その意図をより深くご理解いただけるかと存じます。以下のリンクよりご覧いただければ幸いです。

 

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
5 Techniques to Drive Clicks From Twitter

次回の更新は、1/13週の予定です。更新情報については、SocialEngageのTwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る