2015/08/18

【ソーシャルxビジネス】

#113 ショートメッセージ(SMS)マーケティングとソーシャルメディアを組み合わせる5つの方法

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、WebサイトSocial Media Todayから、『ショートメッセージ(SMS)マーケティングとソーシャルメディアを組み合わせる5つの方法』という記事をご紹介します。
記事では、いまやショートメッセージ(SMS)は小規模のビジネスオーナーやマーケッターにとって最も効果的なマーケティングルールの1つであるとする一方、SMSマーケティングをソーシャルメディアと組み合わせないことはプロモーション機会を逸している、と述べています。
特に、SMSは大きなグループに一度にリーチするうえで最も素早く、比較的に安価で、技術的なノウハウをさほど要しない、としています。Juniper Researchは、メッセージの97%が読まれ、携帯電話利用者の90%が過去6ヶ月間に受信したメッセージを読んだことがある、という調査結果を公表しているそうです。
記事では、SMSマーケティングとソーシャルメディアキャンペーンを組み合わせる方法として以下を紹介しています。

1. "Text-to-Win"コンテスト

キーワードとショートコード(ユーザーがSMSを送る番号)を自社のFacebookページやTwitterページなどのソーシャルメディアプラットフォームに設置します。ユーザーは、キーワードをショートコード宛にSMSで送信し、コンテストへの参加資格を得ることが出来る手法だそうです。

2. オープン懸賞(Sweepstakes)のプロモーションにSMSを使う

上記とは逆に、ユーザーに対してSMSを送信し、クリックしたユーザーを自社のソーシャルメディアサイトに誘導しコードを入力させることでオープン懸賞などに参加できるようにする手法だそうです。

3. SMSを通じて登録を依頼する

SMSにより『いいね!』やフォロー、シェアなどをお願いする手法だそうです。ユーザーにとっては、テキストメッセージを読むことはずっと簡便なことであり、(まず最初にソーシャルメディアにログインするよりは)すぐにユーザーにリーチ出来ることから、SMSによるフォロワー獲得やコール・トゥ・アクションのプロモーションは効果的なものになり得る、としています。

4. 自動返信を使う

ユーザーがコードをSMS送信した際に、自動返信機能により、自社にとって重要と考えるページへのリンクを送信する手法だそうです。例えば、ブログの最新記事や、Twitterアカウントページなどを送信することが考えられるそうです。

5. 接触を保ち続ける

自社の事業や、自社のソーシャルメディアにおける重要な変更やアップデートをSMSで送信する手法だそうです。例えば、新製品を発表した際に、Facebookページ上の製品アナウンスへのリンクをSMSで送信することを挙げています。

SMSを、コンテストやオープン懸賞、登録のお願い、ユーザーの誘導、価値ある情報のシェアなどに使うことで、より多くのフォロワーを惹きつけ、ビジネスの成長につなげられるのではないか、としています。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
5 Ways to Integrate SMS Marketing with Social Media Campaigns

なお、弊社では、SMS送信サービス『空電プッシュ』の提供を開始いたしました。詳細につきましては、http://www.karaden.jp/ をご参照いただければ幸いです。
※SMSサービスのご利用に当たっては、携帯電話事業者様などが提供するご利用条件等を十分にご検討下さいますようお願い申し上げます。

次回の更新は、8/24週の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

 

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る