2015/11/04

【ソーシャルxビジネス】

#123 広告メディアへの信頼度に関するNielsenの調査結果

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、WebサイトSocial Media Todayから、『広告メディアへの信頼度に関するNielsenの調査結果』という記事をご紹介します。本記事は、Nielsenが先ごろ公表した、"Global Trust in Advertising 2015"の調査結果を取り上げたものです。

Nielsenは、アジアパシフィック・ヨーロッパ・ラテンアメリカ・中東・アフリカ・北米の約60ヶ国の30,000人以上の消費者を対象に、広告メディアの信頼度についての調査を行いました。その結果、最も信頼度の高いメディアとされたのは、『友人・知人からの推奨』で、回答者の83%が『非常に信頼する』あるいは『いくらか信頼する』と回答したそうです。(なお、2013年の調査でも84%がそのように回答しています。)

記事では、次に信頼度の高いメディアが『公式Webサイト』であることは驚きである、としています。70%が信頼できる、と回答したそうです。第3位は、『オンライン上に投稿された消費者の意見』で、66%が信頼できる、と回答したそうです。新聞や雑誌記事といった編集コンテンツの信頼度も66%を獲得しているそうです。なお、TV広告については63%が、ビルボード広告については56%が信頼できる、と回答したそうです。(記事中には、各メディアに関する信頼度の表が掲載されており、以下のリンクよりご参照いただけます。)

ペイドオンラインメディアに対する信頼度は他のメディアを下回っており、公式Webサイト、オンライン上に投稿された消費者の意見に次ぐ信頼度を得ているオンラインメディアはビデオ広告(48%)で、検索エンジン広告は47%, 最下位はモバイルデバイス上のテキスト広告(36%)という結果となっています。

調査によれば、『ミレニアル世代は、TVや新聞、雑誌を含め、19メディア中18メディアで最も高い信頼度を寄せている。』そうです。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
What Kinds of Advertising Do People Trust the Most? [NIELSEN POLL]

次回の更新は、11/9週の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

 

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る