2016/01/13

【ソーシャルxビジネス】

#131 Salesforce社による最新版の広告インデックスレポート

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、Social Studioの開発・提供元であるSalesforce社のブログから、同社が最近発表したソーシャルメディア広告に関するレポートについての記事をご紹介します。このレポートは、同社の提供するソーシャルメディア広告管理プラットフォーム "social.com" より2015年4月から6月にかけて運用された全ての広告を分析したものです。
主要なデータとしては以下が挙げられております。

●FacebookのグローバルでのCPMは22%上昇し2.32ドル、CPCはほぼ横ばいの0.24ドル
●動画視聴当たりのコスト(CPV)は1件当たり0.02ドルで、動画の再生を始めたユーザーの21%が全再生時間の75%までを視聴す
●TwitterのプロモツィートのCTRは1.72%で、引き続き高いエンゲージを保っている

第1四半期から第2四半期の間に、FacebookのCPMは1.90ドルから2.32ドルに上昇した一方で、CPCは0.24ドルを保っていたそうです。
動画広告についてみると、3秒間の再生について0.02ドルであり、再生時間の75%の視聴については0.10ドルだそうです。また、視聴を開始したユーザーの21%が75%の再生を完了するそうです。
モバイルアプリの広告主は、どの市場がアプリのインストールに対して最も高い広告効果を挙げているかに注力するために複数の市場でのキャンペーンを展開する傾向があるそうです。ヨーロッパの国々ではCPIが大きく異なっており、スイスでは4.82ドル、イタリアでは1.69ドルとなった、としています。

 TwitterのCPMは、プロモツィートについては5.87ドルとなったのに対し、プロモアカウントについては1.95ドルと低くなった、としています。Twitter広告はインプレッションベースではなくエンゲージベースであり、プロモツィートの1エンゲージメントあたりコストはわずか0.34ドルで、CTRは1.72%と良好であった、としています。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
Salesforce Launches Latest Advertising Index Report - Includes Video View and Mobile App Ads Analysis
同社の提供するレポート全体も上記リンクよりダウンロードいただけます。

次回の更新は、1/18週の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

 

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る