2016/02/09

【ソーシャルxビジネス】

#135 Instagram戦略を成功させるためのコツ

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、Social Studioの開発元であるSalesforce社のブログから、『Instagram戦略を成功させるためのコツ』という記事をご紹介します。記事では、インフォグラフィックス形式で、Instagramの普及状況に関するデータや、投稿に当たってのコツを紹介しております。
注目ポイントについてご紹介します。

1. 利用状況に関するデータ(本記事は2015年2月に投稿されたものです)

  • 2010年秋のサービス開始以来、300億以上の写真がシェアされた
  • 1日当たり7,000万件以上の写真・動画が投稿されている
  • 1日当たり25億件の『いいね!』
  • 月間ユニークユーザー数3億人

2. 平均1日当たりアップロード数に基づく写真投稿に用いられるサービス間のシェア

Facebook: 46%
 Snapchat: 46%
 Instagram: 7%
 flickr: 1%

3. ビジネスがInstagramに取り組むべき理由

ブランドからの投稿に対するユーザーのエンゲージ(『いいね!』、コメント、シェア)はFacebookの58倍、Twitterの120倍

4. Instagramでアクティブな企業の業界別割合

全体: 30%
 高級小売: 67%
 高級乗用車: 60%
 QSR: 53%
 テレビ: 42% など

5. 高品質の写真を定期的に投稿する

  • 投稿を継続的なものとするためにフレキシブルな投稿スケジュールを設定する
  • 写真が低品質だとフォロワーのインタラクトが減少する可能性がある
  • 楽しい写真とのバランスを取る
  • 開発中の製品や予定されているイベントを『チラ見せ』する
  • 従業者の写真を掲載し、ブランドの裏側を見せるとともに、従業者とのエンゲージを深める

6. キャプションを活用する

  • ブランドメッセージを強化するために、明確かつエンゲージを取れるようなキャプションをつける
  • URLをキャプションに入れたとしても、ユーザーはブラウザにコピー&ペーストしなければならない可能性がある

7. ハッシュタグを利用する

  • ブランドに関係する全ての投稿を集めるためのタグをつくる。ただし、使い過ぎに注意
  • トレンドや業界特有のハッシュタグをつけることで、それらのタグをフォローしているユーザーが投稿を見つけることが出来る
  • フォロワーに、自社のブランドハッシュタグをつけてくれるようお願いする
  • ハッシュタグを用いたフォトコンテストを行う。Facebookのアップデートで告知し、リーチを拡大する

8. フォロワーとエンゲージする

  • フォロワーをフォローする
  • フォロワーに割引コードなどを提供する
  • ユーザーからの投稿をリポストする
  • 関連する投稿にコメントする
  • やり過ぎない

9. エンゲージをトラックする

  • エンゲージをトラックし、フォロワーがどのようなコンテンツ、フィルター、スタイルなどを好むかを掴む

10. Instagramで避けるべきこと

  • 製品やサービスに関連する写真を投稿することのみに固執する
  • 投稿頻度に関する方程式はないが、投稿し過ぎはフォロワーを遠ざける
  • フォロワーを無視する
  • プロフィール欄をおざなりにする

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
Say Cheese: Perfecting Your Instagram Strategy

次回の更新は、2/15週の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

 

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る