2016/04/12

【ソーシャルxビジネス】

#144 Instagramマーケティングにおいて避けるべき8つのミス

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、ソーシャルメディアマーケティングコンサルタントのJeff Bullas氏のブログから『Instagramマーケティングにおいて避けるべき8つのミス』という記事をご紹介します。

1. アカウント設定を『非公開』にしてしまう

非常に起きやすいミスの1つだそうです。個人のアカウントにおいては『非公開』とすることも意味がありますが、ビジネス目的では何の意味もない、としています。

2. ランダムに写真や動画を投稿する

担当者としては、自分のコーヒーマグやペット、訪れた場所の写真などを投稿したくなるかもしれませんが、ビジネス目的であることを忘れてはいけません。ブランドに関係のない写真を投稿することで、プロフェッショナルではないと看做されるリスクもあると述べています。ブランドに人間らしさを加味するうえで何回かに1回は私的な投稿を行うことも悪いことではありませんが、ブランドにかかわる投稿とのバランスに気を付けるべき、としています。

3. クオリティの低い写真

写真や動画のクオリティは製品やサービスのクオリティにもつながっている、とし、高精細の画像は『高品質』や『プロフェッショナル』にもつながるし、その逆も然り、と述べています。
推奨サイズ(筆者は1280x1280ピクセルを挙げています)の少なくとも2倍のサイズであれば高いクオリティで表示されること、適切なサイズとなっていて切れて表示されないこと、を気に留めることを勧めています。

4. ハッシュタグを適切に使用しない、または全く使用しない

『適切な』ハッシュタグの条件として、1. 検索可能であること 2. 短くてコンテンツにかかわりのあるものであること を挙げています。また、ターゲットとしているオーディエンスにかかわりのあるハッシュタグをフォローすることを勧めています。
ハッシュタグを全く使用しないということも多くのブランドが犯しがちなミスだそうです。ハッシュタグがより多くの潜在的なファンへの『ゲートウェイ』である、としています。

5. 定期的に投稿しない

定期的に投稿することで、ファンやフォロワーは投稿頻度を予見できるようになる、としています。また、『定期的』を『投稿量』と勘違いしてはならず、毎日たくさんの写真を投稿してしまうと、ファンを苛々させてアンフォローにつながり得るので良いことではない、とも述べています。

6. フォロワーをフォローしない

ファンがフォローしてくれたら、コメントしたりコミュニケートしなくとも、最低でもフォロー返しをすべき、としています。フォローすることで、ファンをより深く知り、何に興味を抱いているのかを見出すことにつながる、としています。

7. 校正しない

スペルミスや文法のミスは『プロフェッショナルではない』ように見えてしまう、と述べています。

8. オーディエンスとエンゲージしない

『エンゲージすること』がソーシャルメディアマーケッターとしての第1のコツである、と述べています。オーディエンスがコメントや質問を寄せてきたらレスポンスすることを勧めています。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
8 Instagram Marketing Mistakes You Should Avoid

次回の更新は、4/18週の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る