2016/04/19

【ソーシャルxビジネス】

#145 テレビ番組視聴と広告の想起においてTwitter社が新しいデータを公表

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

 今回は、WebサイトSocial Media Todayから『テレビ番組視聴と広告の想起においてTwitter社が新しいデータを公表』という記事をご紹介します。
本記事は、Twitter社がStarcom社およびCanvs社と共同で行い先頃公表した、ツィートからのトラックに基づくテレビ番組の視聴者の感情への影響、そしてテレビコマーシャルへの反応についての調査結果を紹介しています。

1. Twitterユーザーは、強い感情的な反応を引き出すテレビ番組の放送中に挿入された広告を想起する率が48%高い

Twitter社は、強い感情的な反応を引き出すテレビ番組を認識し、自社のキャンペーンをそのような番組と関連付けるようなTwitterターゲティングを展開することを勧めているそうです。

2. テレビの視聴中にTwitterを使う視聴者は、番組中に広告を放送したブランドを想起する率が非使用者に比べて62%高い

Twitter社は、テレビ広告キャンペーンとプロモツィートを同期させ、自社のメッセージのリーチを強化すべき、としているそうです。(プロモツィートにより、広告の想起が9%増加したそうです。)

3. テレビ番組に感情移入している視聴者の61%は、テレビ番組の放送中に広告されたブランドからの購買意向が高い

また、感情移入している視聴者は広告主を想起する率が約3倍高いそうです。Twitter社では、この効果をマネタイズするために、番組の感情的な要素に踏み込んだキャンペーンを検討すべき、としているそうです。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
Twitter Releases New Data on TV Viewership and Ad Recall [Infographic]

次回の更新は、4/25週の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る