2016/09/13

【ソーシャルxビジネス】

#161 ソーシャルメディアマーケティングにおいて2017年までに起きそうな5つのこと

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、Simply Measured社のブログから『ソーシャルメディアマーケティングにおいて2017年までに起きそうな5つのこと』という記事をご紹介します。

1. メッセージングアプリへのシフト

広告主がソーシャルメディアへの投資を倍増させる一方で、メッセージングアプリに移行するユーザーが増える傾向にあるとし、WhatsApp, Facebookメッセンジャー、WeChat等の月間アクティブユーザー数の推移を示すグラフを紹介しています。そのうえで、2016年末までには、WhatsApp上で販売を開始したり、Facebookメッセンジャーでボットを稼働させるブランドが増えるだろう、と述べています。

2. Facebookライブ動画の利用が増加

既にいくつかのブランドがFacebookライブ動画を試しており、今夏のオリンピックを機に視聴者数も増えるのではないか、としています。

3. Instagramが変わる

Instagramは、それまでの時系列表示から、ユーザーの興味・関心との関わりをもとにしてコンテンツの優先順位を決めるアルゴリズムへとフィードを変更しています。このフィードの変更を利用しようとして、ブランドからの画像の投稿が増えるだろう、としています。

4. ROIを証明せよというプレッシャーの増大

2015 CMO Surveyによれば、ソーシャルメディアのインパクトを定量的に証明できると回答したCMOはわずか15%とのことです。エグゼグティブ層はソーシャルメディアが実際にビジネスの価値をもたらすことを期待しており、ソーシャルメディアマネージャーは、プログラムの価値を証明するというプレッシャーに直面するだろう、としています。

5. Instagram広告がFacebookやTwitterに迫る

米国企業が広告を出稿するソーシャルメディアサービスについての調査結果(2015年10月実施)は以下の通りだそうです。

  • 2015年:  Facebook: 84.7% Twitter: 65.8% Instagram: 32.3%
  • 2016年:  Facebook: 84.3% Twitter: 66.6% Instagram: 48.8%
  • 2017年:  Facebook: 85.8% Twitter: 67.2% Instagram: 70.7%

このことから、Instagramは急速にFacebookやTwitterに迫る広告プラットフォームとなる、と述べています。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
These 5 Things Will Happen to Social Marketing by 2017

次回の更新は、9/26週の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る