2016/11/15

【ソーシャルxビジネス】

#169 ホリデイシーズンのFacebookの利用状況

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、Facebook社が運営するサイトFacebook IQより『ホリデイシーズンのFacebookの利用状況』という記事をご紹介します。この記事は、各国のFacebookユーザーの利用動向やFacebook広告のデータに基づき、インフォグラフィックスとして構成されています。
ここでは、その中から特に興味深いデータをご紹介しますが、インタラクティブに情報を得られるサイトとなっておりますので、下記のリンクよりご一読いただければと存じます。

  • クリスマスのショッピングに関する会話は11月初めより増加する。
  • Facebookでみられるホリデイシーズンのオンライン購買の68%を女性が占めている。
  • ブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日で、ホリデイシーズンのセールスが始まる日とされています)に関する投稿の38%は、当日から4日前までに行われている。
  • ブラックフライデーはグローバルかつモバイルに進出している。
    グローバルにみても、4人に1人がブラックフライデーに何らかの購買を行っている。
    サイバーマンデーに比べ、ブラックフライデーでは、モバイル上でのオンライン購買が1.3倍増えている。
  • 駆け込みショッピングが支配的になっている。62%が、ホリデイシーズンのショッピングの大半を12月に行うと回答。
  • 半数以上が、自分自身のためにホリデイギフトを買うと回答。
  • 12月にホリデイショッピングをすると回答した人の4人に1人は、12月11日から20日の間に買うと回答。
  • 新年のプランについてユーザーが話し始めるのはクリスマスの前日が多い。
  • クリスマスはホリデイシーズン中Facebookユーザーが最もアクティブな日となっており、関連の投稿は8億件以上。その86%はモバイルから。
  • Facebookでみられる2015年ホリデイシーズンのオンライン購買の11%がクリスマス後の1週間(概ね9日間)で行われている。
  • 新年のプランについての会話は最も多くなるのは12月31日で、34%が12月22日から1月9日の間で行われている。また、その約40%はミレニアル世代(18歳~34歳)からとなっている。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
Facebook’s Festive Conversation

次回の更新は、12/5週の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

企業のソーシャル担当者必見
お役立ち資料

ソーシャルメディア担当者に役立つホワイトペーパーをご覧いただけます。

ソーシャルセミナー

ソーシャルメディアに関連する様々テーマについてコンサルタントがわかりやすく解説します。

メールマガジン

ソーシャルメディアに関する最新情報やセミナー情報等お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

この記事を読んだ感想を、コメント欄までお寄せください!

トップへ戻る