2016/12/20

【ソーシャルxビジネス】

#172 オンライン上で最も影響力を持っている人は?

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、Webサイトadweekより『オンライン上で最も影響力を持っている人は?』という記事をご紹介します。本記事は、Ederman社が発表した "2016 Edelman Trust Barometer" をもとに構成されています。
 記事では、最も信頼されている情報ソース(『非常に信頼できる』と『とても信頼できる』の合計)として【テクニカルエキスパート】【アカデミックエキスパート】【同僚】を挙げ、これらの信頼度は63%~67%である、としています。また、CEOへの信頼度が上昇する傾向にあり、昨年比で8%アップしているものの、依然として50%を下回っている、としています。

また、ポジティブ・ネガティブの両面において、同僚は強いインパクトを有する存在である、としたうえで、過去12ヵ月間に友だちや同僚に企業を推薦したことのある同僚は59%, また、同僚から推薦を受けた人の75%は、同僚の推薦が意思決定やリスク回避、心配事の解消に役立った、と回答しているそうです。

メディアに対する信頼についてもここ数年で大きな変化がみられる、とし、検索エンジンはいまや既存メディアよりも信頼される存在になっている、と述べ、オンライン専業・オウンドメディア・ソーシャルメディアへの信頼はいずれも上昇傾向にある、としています。特にミレニアル世代は、他の世代に比べこれらのメディアへの信頼度が7%高い、というデータも紹介しています。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
Who Has the Most Influence Online? (Report)

次回の更新は、1/10週の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

炎上をプラスに変えた「ソーシャルメディアリスク」対処事例

炎上をプラスに変えた
「ソーシャルメディアリスク」対処事例

対処方法で企業への印象はがらりと変わる!?
「炎上・風評被害」に関する事例とそれをプラスに変えた対処事例についてご紹介します。

メールマガジン

企業のソーシャル活用に関するコラムや
セミナー情報を初め、
お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

トップへ戻る