2017/01/31

【ソーシャルxビジネス】

#176 人々がソーシャルメディアに費やす時間は?

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、インフルエンサーマーケティング支援などを手掛けているmediakix社のブログより『人々がソーシャルメディアに費やす時間は?』という記事をご紹介します。
 記事では、2017年のソーシャルメディア広告の規模が360億ドルと予測される、また、2015年には米国の消費者がモバイルアプリで費やす時間がTVの視聴時間を上回るなど、ソーシャルメディアの成長が続く中で、毎日の時間消費を巡る闘いが激しさを増している、としています。同社は、comScore社の2016年における米国でのプラットフォーム利用に関する調査結果をもとに、ソーシャルメディアを利用する時間を推計し、併せて、毎日の生活の営みにおいて費やす時間との比較をインフォグラフィックスにまとめています。

まず、ソーシャルメディア別の1日当たりの利用時間は以下のようになる、としています。

  • YouTube: 40分
  • Facebook: 35分
  • Snapchat: 25分
  • Instagram: 15分
  • Twitter: 1分

これを、一生(13歳から79歳までの66年間)の間に費やす時間に換算すると、

  • YouTube: 1年10ヶ月
  • Facebook: 1年7ヶ月
  • Snapchat: 1年2ヶ月
  • Instagram: 8ヶ月
  • Twitter: 18日

となり、ソーシャルメディアを利用する時間は合計で5年4ヶ月となる、としています。この数字を毎日の生活での営みと比較すると、TV視聴(7年8ヶ月)には及ばないものの、飲食(3年5ヶ月)・身だしなみを整える(1年10ヶ月)・社会活動(1年3ヵ月)・洗濯(6ヶ月)を既に上回っている、としています。
(これらの数字は米国労働省労働統計局の公表値を引用しているとのことです。)

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
HOW MUCH TIME DO WE SPEND ON SOCIAL MEDIA?

次回の更新は、2/13週の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

炎上をプラスに変えた「ソーシャルメディアリスク」対処事例

炎上をプラスに変えた
「ソーシャルメディアリスク」対処事例

対処方法で企業への印象はがらりと変わる!?
「炎上・風評被害」に関する事例とそれをプラスに変えた対処事例についてご紹介します。

メールマガジン

企業のソーシャル活用に関するコラムや
セミナー情報を初め、
お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

トップへ戻る