2017/04/25

【ソーシャルxビジネス】

#184 デジタル広告に関する最新トレンド

NTTコム オンライン Social Studioプロダクトマネージャの屋代です。

今回は、デジタル広告エージェンシーDigital Marketing Philippines社が発表した『デジタル広告に関する最新トレンド』という記事をご紹介します。この記事は、デジタル広告に関する最新トレンドにまつわるデータについてインフォグラフィックス形式でご紹介しているものです。
記事では、デジタル広告は大きな成長を続けておりますます多くの企業がその潜在力に注目している一方で、広告ブロックソフトの利用の増加などのチャレンジにも直面している、としています。
以下、インフォグラフィックスで紹介されているデータを簡単にご紹介します。

1. 広告ブロックソフトの利用の増加

広告ブロックソフトの利用は、2014年時点で15%だったものが、2016年末時点では26%に増加している、としています。さらに、2017年には、ネットユーザーの1/3が広告ブロックソフトを利用するようになるだろう、とも述べています。
さらに、デスクトップユーザーに比べてモバイルユーザーのほうが広告ブロックソフトの利用に積極的であり、PageFairの調査によれば、広告ブロックソフトを使っているデスクトップユーザーは2億人であるのに対し、モバイルユーザーは4億人と推計されています。
記事では、広告をよりユーザーと関連のあるものとするだけでなく、広告のないペイドモデルにユーザーを誘導することも求められるようになるだろう、としています。

2. Google AMPとFacebookインスタント記事のマネタイズ

モバイルユーザーの急増にともない、ローディングスピードのアップとユーザーエクスペリエンスの改善が求められる、と述べています。このトレンドへの対応の1つとして、GoogleはGoogle AMPを、FacebookはFacebookインスタント記事をそれぞれ発表し、パブリッシャーにとってはこれらのプラットフォームをマネタイズできるまでには至っていないものの、両社がマネタイズのためにより軽い広告ソリューションをリリースする可能性もある、としています。

3. デスクトップ広告の成長率のフラット化とモバイル広告の急成長

デジタル広告業界にとってもモバイルへのシフトが最も大きなファクターである、としています。IAB Internet Advertising Reportの最新のデータによれば、2016年上半期のネット広告の市場規模は327億ドルと推計されており、中でもモバイル広告の成長率は89%で、ネット広告全体の47%を占めるまでになっている、としています。

4. GoogleとFacebookの支配は続く

2016 Mary Meeker's Kleiner Perkins Internet Trendによれば、デジタル広告の成長のうち76%はFacebookとGoogleが占めている、としています。2018年には、全デジタル広告収入のうち61%をGoogleとFacebookが占めるだろう、とも述べています。

5. プログラマティック広告

プログラマティック広告は最新のバズワードの1つであり、2017年にはさらに注目が高まるであろう、としています。IABでは、2018年までにプログラマティック広告は80%以上成長する、と推計しているそうです。

6. アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は注目を集めていないかもしれないが、デジタル広告エージェンシーの77%が今後重要な要素となる、と回答しているそうです。これは、ネットユーザーがサイト内で邪魔な動画広告に不快を覚えているようになっていることから、ユーザーがメインコンテンツにアクセスする前や閲覧中に広告を見るよう強制せず、ユーザーエクスペリエンスを改善するために導入されているものです。

7. チャットボット

WhatsApp, WeChat, Facebookメッセンジャーという3大プラットフォームは、月間アクティブユーザー数においてメジャーなソーシャルメディアネットワークを上回っている、と述べています。そのうえで、既に18,000のボットが稼働し、チャットを通じてサービスを提供している、としています。

今回ご紹介した記事は、以下のリンクよりお読みいただけます。(英語です。)
Hottest Digital Advertising Trends in 2017 (Infographic)

次回の更新は、5月下旬の予定です。更新情報については、TwitterとFacebookの公式アカウントでおしらせしますので、フォローや『いいね!』していただければ幸いです。

Twitter: @socbiz_jp
Facebook: SocialEngageJP

最後までお読みいただき、有り難うございました。 コメント・ご感想などをお寄せいただければ幸いです。

炎上をプラスに変えた「ソーシャルメディアリスク」対処事例

炎上をプラスに変えた
「ソーシャルメディアリスク」対処事例

対処方法で企業への印象はがらりと変わる!?
「炎上・風評被害」に関する事例とそれをプラスに変えた対処事例についてご紹介します。

メールマガジン

企業のソーシャル活用に関するコラムや
セミナー情報を初め、
お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠

屋代 誠

企業向けのソーシャルメディア活動支援ソリューション【Social Studio】のプロダクトマネージャー。

トップへ戻る