動画×マーケティングオートメーション活用で成約率を大幅向上!~B2B企業が高い成果を出すノウハウを事例で紹介~

デジタルマーケティングで成果を出すため、お客様の検討状況を知り、適切なコミュニケーションを実施する手段として、マーケティングオートメーションではWeb行動履歴やメールが活用されています。
しかし、どのお客様が何にどの程度興味を持っているのかをデータとして抽出し、検討状況をリアルタイムに、そして精細に見極める新たなコミュニケーション手段として、動画の活用が注目されています。

見せるだけでは単なる認知向上で終わってしまうと思われがちな動画ですが、B2C企業だけでなく、実はB2B企業でも有効活用の事例が増えてきています。
今回のセミナーでは以下の2つをポイントに、動画とデータをどのようにMAで活用し、どのような成果を出すことができるのか、最新事例をまじえてご紹介します。

① どのお客様が何をどの程度検討しているのかを測る、閲覧履歴としての活用
② アポイント獲得フェーズのインサイドセールスでの活用

タイトル動画×マーケティングオートメーション活用で成約率を大幅向上!
~B2B企業が高い成果を出すノウハウを事例で紹介~
日程2017年12月8日(金)15:00~17:00  (受付開始時間:14:45~)
会場NTTコム オンライン セミナールーム
東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル4F

交通手段:
〇JR大崎駅 東口より徒歩4分
http://www.nttcoms.com/about/map/
定員20名
参加費用無料
共催NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社、ブライトコーブ株式会社
お問合せNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
セミナー運営事務局
TEL:03-4330-8416   Email:info@nttcoms.com
備考同業他社の方のご参加はご遠慮いただいております。
1社から複数の方のお申込があった場合は、2名様までの参加とさせていただく場合がございます。
お申し込み
15:00~15:50

B2B企業における動画マーケティング最前線

動画マーケティングはB2Cビジネスを対象としているように思われがちですが、B2Bでも活用する企業が増えてきました。
動画は、情報量が他のコンテンツに比べ圧倒的に多いのは知られているところですが、作成した動画をYoutubeにアップロードすることだけが動画マーケティングではありません。
B2B企業では、マーケティングオートメーションと連携して使用することで、単なる認知度向上、製品理解向上だけでなく、誰が何の動画をどの程度見ているかをデータとしてマーケティングに活用することができます。
本セッションでは、動画マーケティングにおけるKPIの設定やPDCAを回していくコツ、MAと動画を利用している事例をご紹介します。

大野 耕平

ブライトコーブ株式会社
大野 耕平氏

映画好きが高じて、オーストラリアの専門学校で映像製作を勉強するが挫折。
帰国後は飲食店で5年勤務するが、突如IT業界に転職。
某大手独立系SIerにてソリューション営業として10年勤務後、巡り巡って再び映像業界へ...。

15:50~16:30

動画×マーケティングオートメーション活用で成約率を大幅向上!

閲覧履歴の活用や、リード獲得、醸成フェーズで利用されるケースが多い動画のインサイドセールス活用など、動画とデータをどのようにMAで活用し、どのような成果を出すことができるのかを、最新事例を交えてご紹介します。

肥田 雄一朗

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
ソリューション部 MAソリューション担当 課長
肥田 雄一朗

デジタルマーケティング黎明期より、ソフトウェアメーカーのマーケティング担当としてSEO、BtoBマーケティングの仕組みを構築し、2016年よりマーケティングエージェンシーのクライアントサクセスマネージャーとして、BtoB企業のマーケティング戦略策定からシステム運用まで幅広いサービスを提供。2017年4月より現職。現在は、B2B企業向けのマーケティングオートメーション事業を統括。

16:30~17:00

質疑応答

お申し込み