GIGYA お役立ち資料ダウンロード

CRMを成功に導く顧客ID統合に欠かせない3つのポイント
-顧客データのマーケ活用とGDPR対応を両立するカスタマー・アイデンティティ・マネジメント-
New

顧客データの重要性が高まる中、顧客IDの統合とその情報の活用に取り組む企業が増えています。グローバル企業では、GDPRに代表される各国の法規制への対応等、顧客IDの活用と管理に関する課題は多岐に渡り、難易度が高くなっています。本資料では、グローバルB2C企業において、顧客ID統合を検討する際に欠かせない3つのポイントについてまとめ、「カスタマー・アイデンティティ・マネジメント(CIM)」がそれらをどのように解決するかについて解説をします。

ITリーダーがカスタマー・アイデンティティ・マネジメントを必要とする理由

ビッグデータ時代、企業のITリーダーは何百万もの顧客ID、何十億ものデータポイントを素早く、シームレスに、セキュアに管理する必要に迫られています。これらの課題に対し、自動コンプライアンスかつスケーラブルなパフォーマンスにより、素早く解決できる新しい概念について解説します。

デジタルマーケティングにカスタマー・アイデンティティ・マネジメントが必要な理由

マルチチャネル・デバイス時代のパーソナライズドな顧客体験の提供には様々な課題があります。本資料では、デジタルマーケティングにおいてマーケティングとセキュリティを両立させる新しい概念について解説します。

お気軽にお問い合わせください