プロフィール・マネジメント

自由度の高い単一のデータ保存領域で様々なタイプのユーザーデータを管理しており、複数のチャネルを横断したシングル・カスタマー・ビューを作成することができます。

プロフィール・マネジメント・システムとアイデンティティ・リポジトリを使うと、ユーザーデータベース全体を単一のセキュアなクラウドベースのリポジトリで簡単に管理できます。
デモグラフィック情報、ソーシャルアカウント情報、行動データなど、あらゆるタイプの顧客データを統合し、一つのダイナミック・スキーマ・データベース上でインデックス化することで、顧客レコードを検索したりセグメントしたりすることが容易になります。
顧客データについては、プライバシーコンプライアンスに常に自動的に適合させている一方で、既存のマーケティングプラットフォームとの間でのやり取りもシームレスに行うことができます。

GIGYA プロフィールマネジメント機能の特徴

特徴1:シングル・カスタマー・ビューデータベース

複数のデジタルチャネルとサイロ化されたデータからの情報を統合して、より網羅的で信頼性の高いデータソースをダイナミックに生成します。

特徴2:あらゆるデータタイプに対応

GIGYAのダイナミックスキーマデータベースは、レガシーシステムからソーシャルネットワークまで様々のソースからのデータを、自由度の高い単一のデータ保存領域で管理できます。

特徴3:データを施策につなげる

任意の属性の組み合わせで顧客データを検索したり、セグメントを作成したりすることができます。
また、50以上の主要なマーケティングプラットフォームとの連携機能が用意されており、顧客データを簡単にエクスポートできます。

特徴4:データ品質の向上

インデックス作成の自動化、ソースの異なるデータのフィールド正規化、ユーザーのソーシャルプロファイルの変更のリアルタイム反映により、データをクリーンで正確な状態に保ちます。

特徴5:データ保護

継続的なバックアップと保護により、責任を持ってデータを確実に管理します。ISO 27001:2013、ISO 27018:2014、およびSOC 2認証に対応し、エンタープライズグレードのスケーラビリティを有しています。

特徴6:プライバシーコンプライアンスへの継続的な対応

ソーシャルネットワークポリシーの更新や地域データのコンプライアンスなど、常に更新されるデータ規制に対し、世界的に分散されたデータセンターで即時対応を行っています。

特徴7:ダイナミックスキーマアーキテクチャ

データベースフィールドを事前に設定する必要はなく、構造化データと非構造化データの両方を柔軟に追加して集約できます。

特徴8:データの完全インデックス化

自動インデックス作成機能を使用すると、任意の属性の組み合わせでデータを簡単に検索およびセグメント化でき、データを他のシステムにシームレスにエクスポートできます。

お気軽にお問い合わせください

GIGYA導入企業の声

ナチュラ社

Digital Presense Governance
Marcio Orlandi

「GIGYAを利用して、ユーザーのサイト上の行動と、会員IDを関連付けることで、パーミッションベースのファーストパーティデータを収集することができ、顧客をより深く理解することができます」

メディアラーン

New Media Architect
Wouter Mertens

「GIGYAのカスタマー・アイデンティティ・マネジメントによって、当社はスポンサーとも視聴者ともよりよい関係を築き、それが競争力につながっています」

ハーバード・ビジネス・レビュー

Director of Technology
Kevin Newman

「GIGYAのテクノロジーにより、開発の時間とリソースが節約できただけでなく、セキュリティとユーザビリティを両立させることができました」

お気軽にお問い合わせください