『顧客の信頼に基づくデータ利活用』を実現するID統合管理基盤 ~個人情報保護法改正の論点「利用停止権」にシステムはどう対応すべきか?~

顧客情報の取得と利活用は企業の生命線となりつつあります。しかし一方で、データの利用方法が顧客の同意を十分に得られていないことが問題化し、事業存続にまで影響するような事案も発生しています。
このような課題を解決するソリューションとして、カスタマー・アイデンティティ・マネジメント(CIM) が急速に注目を集めています。CIMによって顧客情報利用の同意を顧客自身がワンストップで管理することができます。GDPRやCCPAに対応し「顧客との信頼」を構築できる仕組みとしてすでにグローバルでは多くの企業が導入しており、さらに2020年の個人情報保護法の改正予定を踏まえて国内企業も関心を高めています。
セミナーでは、データ利用の同意管理の具体的な方法とそれを支援するCIMについて、事例を含めて詳しく解説します。

※本セミナーは11/22のセミナーと同じ内容です

タイトル 『顧客の信頼に基づくデータ利活用』を実現するID統合管理基盤
~個人情報保護法改正の論点「利用停止権」にシステムはどう対応すべきか?~
日程 2020年1月24日(金)15:30~17:00  (受付開始時間:15:15~) 
会場 NTTコム オンライン セミナールーム
東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル4F

交通手段:
○JR大崎駅 東口より徒歩4分
https://www.nttcoms.com/about/map/
定員 20名
参加費用 無料
主催 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
お問合せ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
セミナー運営事務局
TEL:03-4330-8416   Email:info@nttcoms.com
備考 主催社の同業企業の方のご登録はご遠慮ください。
お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
1社から複数の方のお申込があった場合は、2名様までの参加とさせていただく場合がございます。
終了しました
15:30 ~ 16:30

『顧客の信頼に基づくデータ利活用』を実現するID統合管理基盤
~個人情報保護法改正の論点「利用停止権」にシステムはどう対応すべきか?~

嶋田 貴夫

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
CIMエバンジェリスト
嶋田 貴夫

大手メーカーでのソフトウェア開発経験を経て、2006年よりWebアクセス解析ソリューションVisionalistの企画・開発に携わる。
現在は、顧客データの活用・管理に関するソリューション(SAP Customer Data Cloud from GIGYA, TIBCO Data Virtualization等)を展開するエバンジェリストとして従事。

16:30 ~ 17:00

質疑応答