2020/12/21

データ操作

縦方向へのデータ結合

このコンテンツでは、データテーブルに対して、縦方向にデータを結合する方法について説明していきます。なお、本コンテンツで利用したバージョンはSpotfire 10.10です。ご利用環境によって、一部画面構成が異なりますので、ご了承ください。

サンプルファイルについて

本コンテンツで利用するサンプルファイルは、こちらからダウンロードしてください。

想定されるユースケース

縦方向へのデータ結合とは、共通するカラム名をキーとして利用し、縦方向(ロー方向)にデータを追加する結合方法です。例えば、以下のようなユースケースが考えられます。

  • 日付ごとに作成されたログデータのように、同じフォーマットで出力されるファイルの結合
  • 毎月更新される売上データの結合

操作方法

Spotfireには、既にサンプルファイル「sample1.txt」がデータテーブル(sample1)として読み込まれている状態です。このコンテンツでは、サンプルファイル「sample2.txt」を新たに読み込み、sample1の縦方向に結合していきます。
左下の「データキャンバス」ボタンをクリックしてください。データキャンバスと呼ばれる画面が表示されます。

データキャンバス画面は、データテーブルにデータをどのように追加したかが、GUIで可視化されます。さらに、最終的なデータテーブルを取得するために行われた、すべてのデータ変換操作を示します。

データキャンバスの機能を利用することで、データの結合や前処理を実行できるほか、その前処理プロセスを記録・可視化し、繰り返し操作を容易とします。「データ分析作業の8割は前処理」とも言われる中、その前処理を効率化できる、非常に優れた機能です。

現在データキャンバス上に表示されているフローは、sample1.txtをデータソースとして(左側)、そのデータがSpotfire上でsample1というデータテーブル名で読み込まれていること(右側)を示しています。

sample1にsample2.txtを結合するために、真ん中の⊕ボタンをクリックします。

ここでは、縦方向にデータを結合するため、「ローの追加」ボタンを選択してください。

ファイルのインポート画面に遷移するので、ローカルにあるsample2.txtを選択してください。インポートの設定ダイアログが表示されますが、今回はデフォルト設定のまま「OK」を押して進みます。

「データを分析に追加」画面が表示されます。画面上では「既存のデータテーブルにデータを追加:sample1」と記載されています。sample1にsample2.txtを追加する設定になっているようにみえます。
より正確に確認するために、「追加されたローの設定」ボタンをクリックしてください。

「カラムの対応付け」ダイアログでは、データ結合方式の確認やキーカラム、結合結果のプレビューを確認できます。詳細に関しては、こちらの記事(横方向へのデータ結合)に記載されているので、ご参照ください。

プレビューを確認する限り、期待する形でデータ結合ができていることがわかります。問題なさそうなのでOKをクリックし、戻った「データを分析に追加」画面でもOKをクリックします。

データキャンバス画面に戻ると、sample1.txtにsample2.txtが結線し、sample1というデータテーブルに繋がっているように画面のフローが変わりました。左下のデータキャンバスボタンを再度クリックし、sample1のデータテーブルを確認してみましょう。

ご覧のように、sample1が、sample2.txtのデータが縦方向に結合されたテーブルとなっていることが確認できました。

TIBCO 事例・活用ノウハウなどお役立ち資料を無料でで配布中 ダウンロードはこちら

カテゴリー

【データ操作】記事一覧に戻る
全記事一覧に戻る