2020/10/13

チュートリアル

新規データの取り込み

このコンテンツでは、Spotfireに分析対象のデータを取り込む方法について、説明していきます。データを分析するにはデータが必要です。
Spotfireは基本的にフラットなデータ(.txt, .xlsx, .csv等)であれば、取り込むことができます。
前回の記事(画面構成)のサンプルファイルの「Baseball.txt」を読み込んでみます。

Spotfireを立ち上げる

新規データの取り込み方法

新規データの取り込み方法は下記の方法があります。
※サンプルファイル「Baseball.txt」はこちらからダウンロードできます。

  • ・エクスプローラからSpotfireにドラッグアンドドロップ
  • ・「ファイル」→「開く」
  • ・起動画面の「+」→「ローカル ファイルを参照…」を選択

今回はドラッグアンドドロップで取り込みしますので、ファイルをSpotfire上にドロップしてください。

ドラッグアンドドロップすると、Baseball.txtのインポートの設定画面が表示されます。
ここで、データの区切り文字やフォーマットを変更したり、プレビューしているデータからデータ型やローのデータ形式を設定することができます。ここではOKを押します。

次に遷移される画面では、次のような操作ができます。

  • ・インポートしたいデータを新規データテーブルとしてインポートする
  • ・既存のデータテーブルと結合する
  • ・データを変換する

今回はOKを押して、読み込みは完了です。

データの確認

取り込んだデータを見てみましょう。
ツールバーのビジュアライゼーションタイプの一覧に「テーブル」のアイコンがあります。
アイコンをクリックすると、テーブルが表示され、ローデータの確認ができます。

いかがでしょうか。簡単にデータの取り込みができたと思います。
次は、取り込んだデータがどのような傾向になっているのか確認してみましょう。

TIBCO 事例・活用ノウハウなどお役立ち資料を無料でで配布中 ダウンロードはこちら

カテゴリー

【チュートリアル】記事一覧に戻る
全記事一覧に戻る