2020/10/13

チュートリアル

画面構成

このコンテンツでは、Spotfireの画面構成について説明していきます。なお、本コンテンツで利用したバージョンは10.10です。ご利用環境によって、一部画面構成が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

サンプルファイルについて

サンプルファイルの読み込み

本コンテンツで利用するサンプルファイルは、こちらからダウンロードしてください。

Baseball.dxpファイルをダブルクリックすると、Spotfireが起動します。「.dxp」はSpotfireファイルの拡張子で、このファイル内にデータ情報や画面内ビジュアライゼーションやフィルター条件などのすべての情報が保存されています。

サンプルファイル

起動時の画面です。Baseball.dxpは、野球に関するデータを可視化したファイルとなっており、2ページ構成になっています。最初のページはカバーページです。

ページ移動

画面構成を確認します。左下にあるタブが「ページ」です。ページ選択で「Getting Started」ページをクリックします。

画面構成

Spotfireのページはグラフ領域、フィルターパネル、Details-on-Demandから構成されます。

  • グラフ領域には、様々なグラフが表示されます。
  • フィルターパネルは、データを絞り込むためのフィルターが表示されます。
  • Details-on-Demandには、アクティブなビジュアライゼーションのマークされた項目について実際の値が表示されます

フィルターパネル

画面右上に表示されているフィルターパネルの機能を使用すると、データにフィルターをかけることできます。
試しに、Teamのフィルターをスライドし、「Arizona」を選んでみてください。

今まで全てのチームが表示されていたグラフがArizonaチームだけのグラフに変わります。
フィルターパネルはデータを取り込み時に、全てのカラムに対して自動的に作成されます。

フィルター形式は、変更することが可能です。フィルター上で右クリックすると、「フィルターの種類」から好きな形式を選択できます。

Details-on-Demand

画面右下に表示されているDetails-on-Demandは、アクティブなビジュアライゼーションでマークされた範囲の元データを表示します。マークとは、グラフや表上での選択領域のことを指します。マークの方法は、次の通りです。

  • ・グラフ上で左クリックしながらドラッグします。
  • ・Ctrlを押しながら選択すると追加選択も可能です。
  • ・Altを押しながら選択すると矩形領域選択ができます。

Ctrlを押しながら複数選択した例

Altを押しながら、矩形領域を選択した例

この例だと、Details-on-Demandには、マークされた範囲のみのデータが表示されます。

Details-on-Demandパネルは、ドラッグアンドドロップで、画面下部に配置することもできます。

それでは、新しいデータを取り込んでみましょう。

TIBCO 事例・活用ノウハウなどお役立ち資料を無料でで配布中 ダウンロードはこちら

カテゴリー

【チュートリアル】記事一覧に戻る
全記事一覧に戻る