2021/02/24

R連携

パッケージインストール方法

このコンテンツでは、TERRにパッケージをインストールする方法について説明します。
なお、本コンテンツで利用したバージョンはSpotfire10.10です。ご利用環境によって、一部画面構成が異なりますので、ご了承ください。

「TERR」について

Spotfireに標準搭載されているTERR(TIBCO Enterprise Runtime for R)はTIBCOが独自で開発したR言語の実行エンジンです。
TIBCOは元々S-PLUSと言う統計解析ソフトの開発元です。S-PLUSはS言語というR言語の元になった言語であるため、長い開発実績があります。
デザインが古くなり、R言語の方がメジャーになったため、SpotfireではTERRとして実装しています。オープンソースRよりも動作が高速になっています。

TERRはTIBCO独自の開発ですが、Rと同じようにCRANからパッケージを追加して使うことができます。全てのパッケージに完全対応している訳ではありませんが、一般的に使われるパッケージはほとんど使う事ができます。動作確認リストはこちら(英語) から取得できます。
(「こちら」リンク先ページの一番下のWindows、Linuxなどのリンクから動作確認リストを取得できます。)

パッケージの追加方法

「ツール」から「TERRツール」を選択します。

「TERRツール」の「パッケージ管理」タブからインストール済みのパッケージ一覧が確認できます。足りないものは利用可能なパッケージから選択して「インストール」できます。

RのパッケージもCRANに登録してあるものだけでなく、個人で配布しているようなパッケージを使用したい場合はローカルファイルからインストールする必要があります。その場合はコンソールから実行します。

今回はinstall.packagesコマンドで「reshape2」というパッケージをインストールします。

「パッケージ管理」タブに戻ると、「reshape2」がインストールされていることを確認できます。

【R連携】記事一覧に戻る
全記事一覧に戻る