データ前処理に必要な機能を全てビルトイン

TIBCO Spotfire®「データ前処理(データラングリング)」とは

分析からインサイトを導き出すための最初のステップは、整理された実用的なデータを確保することです。
しかし、分析時間の50~80%が、データを整理する前処理(ラングリング)に費やされているという調査結果が出ています。

TIBCO Spotfire®は、ビッグデータを含むあらゆるデータソースに接続し、データの結合や複雑な前処理を簡単に行うことができます。データ前処理を担う「データキャンバス(ソースビュー)」は、接続、操作、変換に関する情報を自動的に記録し、データフローを生成するため、データモデルのトレーサビリティを確保できます。データ前処理のフローを分かりやすく可視化することで、データの編集、再利用、共有、分析のスケーリングを組織全体で行うことができます。

機能

高速でシンプルなデータ前処理

TIBCO Spotfire®のデータ前処理を使用して、ビジネスユーザーは簡単にデータを整理することができます。さまざまなデータソースの列や行をマッシュアップしたり、データタイプ、カテゴリ、列名を変更し、ビジュアライゼーションの列名を動的にグループ化できます。また、誤った値や欠損値の置き換え、ワンクリックでのピボット解除も可能です。

自動記録型のデータキャンバス

TIBCO Spotfire®の「データキャンバス(ソースビュー)」上にデータパイプラインを自動的に構築し、すべての変更を記録します。データソース、接続、操作、変換に関する情報が確認できるため、データモデルのトレーサビリティを確保することができます。

レコメンデーション機能

データ構造とリレーションシップの自動レコメンデーションにより、インメモリとインデータベースの時間を節約します。例えば、データが読み込まれる前に追加したテーブル行のプレビューを確認したり、テーブル間を紐づけるカラムを自動的に設定したり、ビッグデータを簡単に操作できるようにデータベース内カラムを分類するレコメンデーション機能があります。

広範囲なデータアクセス

ネイティブコネクタを使用することで、ユーザは複雑かつ大規模なデータに素早くアクセスすることができます。 RDB、NoSQL、OLAP、Apache Drill、Hadoop、Spark SQL、Impala、SAP HANAに対応しているだけでなく、Amazon Redshift、Databricks、RDS、Microsoft Azure SQL Database、Google Analytics、Salesforce、などのクラウドアプリケーションにも対応しています。また、カスタムコネクタを簡単に構築することもできます。

自動化と高い拡張性

TIBCO Spotfire®のアドオン製品「TIBCO Spotfire® Automation Services」は、データの読み込み、整理、変換、書き出しなどのジョブを自動化します。豊富なAPIにより、特定のイベントに基づいて自動化を実行することも可能です。また、TIBCO Spotfire® Serverの「スケジュール更新」機能を使用して、チームが分析結果をタイムリーに把握できるようにしたり、大容量ファイルのアップロードを業務時間外に行うこともできます。

特長

あらゆるデータへのアクセス

あらゆるデータへのアクセス

ドライバやデータソースのドキュメントに簡単にアクセスできます。複数のデータセットをリンクすることもできます。また、優れたカラムマッチング機能により、ワンクリックでデータをマッシュアップすることができます。

分析と前処理を並行して実行

分析と前処理を並行して実行

データテーブルとワークフロー ステップを追加、削除、修正しながら分析を行えるため、時間を節約できます。インラインでの前処理もしくはデータキャンバス上での前処理、どちらかを選択できます。

簡単に編集可能

簡単に編集可能

クリックのみの操作もしくはAIによるレコメンデーションを使用して「データキャンバス(ソースビュー)」上で実行されるデータ変換の記録を簡単に編集することができます。

スケールアナリティクスによる効率的で高い拡張性を実現

スケールアナリティクスによる
効率的で高い拡張性を実現

TIBCO Spotfire®は、数万人規模のユーザー数まで拡張できます。スマートなメモリ共有により、リソースの負荷を軽減します。共有されたワークフローで、チームは編集可能なデータ処理手順にアクセスし、ニーズに合わせて作業を進めることができます。

データの前処理と分析をワンツールで提供

データの前処理と分析を
ワンツールで提供

TIBCO Spotfire®は、データ前処理と分析をワンツールで提供します。分析中にデータを修正できるため、より速く、より正確な分析結果を得ることができます。複数のツール間を行ったり来たりして、プロセスが遅くなり、エラーが発生することはありません。

データロード時間を効率的に活用

データロード時間を
効率的に活用

次の設定を行う前に、各テーブルのデータロードを待つ必要がありません。インラインでのデータ前処理(ラングリング)、設定可能なサンプリングに基づいた結果のプレビュー、データロード中にデータ型のレコメンドを表示することが可能です。

事例

ヤクルト
(オランダ)
小売業者とのより強固なパートナーシップ、生産性向上
詳しく見る
ジェットブルー
オペレーションの最適化により、顧客体験価値を最大化
詳しく見る
テュイグループ
分析により最適な価格設定と高度な顧客体験の提供を実現
詳しく見る
AAアイルランド
リアルタイムの予測分析とデータに基づいた意思決定
詳しく見る

TIBCO Spotfire® 製品概要

  • TIBCO Spotfire®
    ビジュアル分析から高度なアナリティクスまでをワンプラットフォームで実現。AIによるデータ前処理/可視化/予測分析により、全てのデータを高速に俯瞰することが可能です。
    詳しく見る