データ仮想化は、企業内に散在する様々なデータを物理的に複製することなくリアルタイムで統合し、ビジネスユーザーやアプリケーションから単一のデータベースであるかのように利用できるようにする、論理的データレイヤーを提供する基盤技術です。
その利点は多く、例えばデータレイクやデータウェアハウスのようなデータ統合基盤で課題となっていたデータのリアルタイム反映や、新規データソースの迅速な追加・統合が可能になります。そのためデータ活用・管理の先端を行く企業においてデータ管理アーキテクチャの主要パーツとしてその活用が進んでいます。
本セミナーでは、データ仮想化技術と機能の概要、データレイクやデータウェアハウスとの違い、利用方法やメリット等を事例を交えて解説します。

※本セミナーは、5月28日開催のセミナーと同じ内容です

タイトル 【オンラインセミナー】アジャイルなデータ統合・活用を実現するデータ仮想化技術とは?
~先進企業の50%が採用するデータ仮想化基盤機能と事例~
日程 ご要望に応じたオンデマンド配信
開催形式 オンラインセミナーでの開催
お申し込み後すぐにご視聴いただけます
・インターネット環境があれば、パソコンやスマートフォンなどから参加可能です
オンライン動画セミナーの受講について
参加費用 無料
主催 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
お問合せ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
セミナー運営事務局
TEL:03-4330-8416   Email:info@nttcoms.com
備考 主催社の同業企業の方のご登録はご遠慮ください。

アジャイルなデータ統合・活用を実現するデータ仮想化技術とは?
~先進企業の50%が採用するデータ仮想化基盤機能と事例~

shimada

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
エバンジェリスト
嶋田 貴夫

大手メーカーにてWebサービス、携帯電話等ソフトウェア開発に従事。ベンチャー企業に転出後、Web解析ツール(Visionalist)の開発責任者/事業責任者を経て、NTTコムオンラインにて、CDP/DMP・CIAM・データ仮想化等の技術を通じた顧客データ活用を推進するエバンジェリストおよびプリセールスに従事。
受賞歴:2020 SAP Partner 最優秀個人賞
(顧客IDのビジネス活用とSAP Customer Data Cloudに対する深い知識、および顧客志向の高さを評価)