デジタルアセットマネージメントCIERTO/Digital Asset

PIM(商品情報管理システム)とのシステム連携によるコスト削減と工期短縮

PIM(商品情報管理システム)運用におけるDAM連動はオムニチャネル化が進んだ事で一層の重要性を増しています。

PIM(商品情報管理システム)は流通・製造企業における商品(マスタ)情報管理ツールとして広く導入されています。

ユーザーは共通のインターフェースから最新の商品価格や仕様を確認し、販売戦略へ活用する事が可能です。とりわけ海外に展開するグローバル企業は言語分の商品情報が必要となるため、導入効果が大きい傾向にあります。

商品情報管理を担うPIMはDAM(デジタル資産管理)であるCIERTO/Digital Assetとのシステム連携により、コンテンツ制作に大きなコスト削減効果と工期短縮を提供する事が可能です。

CIERTO/Digital Assetでは管理されるファイルに対して自動的に属性情報データベースが付加される仕組みとなっています。

システム連携により、PIMが保有する商品(マスタ)情報をCIERTO/Digital AssetのDBと同期する事ができます。制作現場は従来通りの運用にて最新の画像とPIMから同期された価格や品番などの情報をカタログやECサイトへ展開可能です。

PIMの担う工程と役割

  • ・工程
    - 商品基本情報入力
    - 商品画像登録
    - カタログ掲載連絡/撮影依頼
  • ・役割
    - 商品画像と情報の登録
    - 店舗情報の管理
    - 過去の販売実績管理
    - 外部POSとの連携

DAMの担う工程と役割

  • ・工程
    - 制作企画
    - コンテンツ制作依頼
    - 進捗管理/発行手配
  • ・役割
    - 画像/制作データの受け渡し
    - 制作データ確認/校正指示
    - 画像/動画の変換と加工
    - CMS連携やカタログ自動組版連携

PIMとDAM連携によるメリット

  • ・コンテンツ制作時の「商品画像」と「商品情報」の取り違えを抑止
    - 正確な情報をメディアへ配信する基盤構築 -
  • ・カタログ自動組版と連携した制作工期の大幅短縮
    - 制作に要する余剰業務とミス削減 -
  • ・ECサイトと連動した正確でスピーディーな情報配信
    - カタログ→Webへの情報配信スピードの大幅向上 -

導入ユーザー企業のサクセスボイス

  • ・PIMと情報連動したカタログ自動組版採用により、外注制作費用を"年間35%削減"!
  • ・印刷会社へ向けたレイアウト修正回数が年間で"0"に!
  • ・導入初年度からカタログ制作時間が前年からの対比で"6日間短縮"!