Webサイトコンサルウェブ(Web)アクセシビリティ診断

Webサイトのアクセシビリティについて、専門家による診断を行い、改善のための具体的なご提案をいたします。

サービス内容

2016年4月1日に「障害者差別解消法」が施行され、2020年の東京五輪(パラリンピック併催)に向けて、公的機関や公共性の高い企業では、ウェブサイトのアクセシビリティ対応が強く求められています。
当社では、2016年に改訂された「JIS X 8341-3:2016」準拠を基本としたウェブ(Web)アクセシビリティにかかわるサービスを提供しています。
専門家によるJIS規格に基づいた診断を行い、高齢者の方、障がい者の方、誰もが障害なく閲覧でき、スマホやタブレットなど多様化するアクセス手段へ対応するウェブサイトにするための具体的なご提案をいたします。

ウェブ(Web)アクセシビリティとは

詳しくはこちら>

Webアクセシビリティ診断のサービス内容

ウェブ(Web)アクセシビリティの日本工業規格「JIS X 8341-3:2016」に定める適合レベルA・レベルAAへの準拠に向け、専門ソフトの活用や診断者がページを操作しながらウェブサイト上の問題を詳細チェックします。
診断後は、「アクセシビリティ診断レポート」を提示し、改善案をご提案致します。
アクセシビリティ方針の原案作成、アクセシビリティ試験(チェック)、試験結果ページの作成など、お客様のご予算やスケジュールに合わせて柔軟にご支援させて頂けますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

サービス特徴

専任コンサルタント、障がい当事者による診断

■専門家視点の診断
制作やコンサルティングに数多く携わった経験豊富な専門コンサルタントが診断を行います。専門家による明確且つ適切な問題原因と改善案をご提供致します。

■ユーザー視点の診断
視覚障害を持つ社員が「音声読み上げソフト」を実際に利用して、ウェブサイトを余さずチェックして、障がい当事者の視点から問題点を明らかにします。

ユーザー・専門家の視点のイメージ

お客様のニーズにあわせた診断サービスをご用意

お客様のニーズやサイトの対応状況にあわせた診断サービスをご用意しています。

■サイト総合診断
サイト内にある問題点を体系的にお知りになりたいお客様向けのサービスです。

作業内容
ウェブサイト上のアクセシビリティに関する問題点を、タイトル、画像などに分類し、改善案をレポートします。御社ウェブサイトの現状アクセシビリティを把握いただきます。
実施期間
5週間程度(40ページの場合)

■JIS準拠確認試験
JIS規格に基づく試験を実施したいお客様向けのサービスです。

作業内容
JIS規格に基づいて試験を実施します。アクセシビリティ宣言に向け、レベルAAAに準拠した改善箇所を明確化し、レポート致します。JIS規格への対応状況をページ毎に示した「達成基準チェックリスト」をご提示いたします。
実施期間
5週間程度(20ページの場合)

※サイト構造、テンプレート数に応じてお見積りさせて戴きます。

※制作ディレクション、ポリシー(方針)や試験結果ページの原案作成、ガイドライン案の作成も別途ご提案可能です。

ワンストップで全てのご要望に対応

アクセシビリティ診断(サイト総合診断/JIS準拠確認試験)・インタビュー調査・サイト制作・運用・効果測定といった全てのタスクをワンストップでご提案可能です。

ワンストップでご提案のイメージ

※1
■試験結果ページの原案作成
■アクセシビリティ方針の原案作成
なども別途承れます。

※2
アクセシビリティ確保に向けた
■Webディレクション
■Web制作/回収作業
など、お客様のニーズに応じたご提案も可能です。

※3
サイト運用担当者向けに
■アクセシビリティ研修
なども別途承れます。

収益の拡大につながる

どなたにとっても見やすく、分かりやすく、操作しやすいサイトを目指してサイトのターゲットユーザに応じた施策を講じる一方、Webマーケティングに精通した専任のコンサルタントがマーケティングROIのバランスも考慮した改善策を示します。 「ウェブアクセシビリティの確保」により、今後の日本のマーケットで重要視すべきスマホでご利用の方、ご年配の方のサイト利活用/収益拡大も見込まれます。

収益拡大のイメージ

診断の流れ

企画・事前調査フェーズ(約2週間)

1.対応範囲選定・診断等級選定
・診断に際し、サイト内の対応範囲を選定します。
・目標とする等級(等級AAなど)を選定します。
2.サイト構造・内容解析
・選定した範囲の構造及び内容について解析を行います。

診断フェーズ(約3週間)

3.診断および報告書作成
・解析、診断を行った上で結果についての報告書を作成致します。問題個所の解説や修正方法、(JIS X 8341-3:2016に基づく)関連達成基準などをご提示致します。
4.ご報告
・診断結果について、直接ご訪問させて頂いた上でご報告/ご説明致します。その際、サイト確保に向けたWebディレクションやWeb制作/改修作業などのご相談、ご提案も可能です。

※別途、ウェブ(Web)アクセシビリティガイドライン作成も承ります。

当社の取り込み

当社では、JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に基づいたウェブアクセシビリティ方針および試験結果を公開しています。