ニュース

2014/06/19

[ニュースリリース] NTTコム オンライン、第3回「映画館での映画鑑賞」に関する調査結果(NTTコム リサーチ)を発表 ~「アナ雪」は家族連れが3割超、全体として映画興行をけん引するのは”誰かと一緒に観に行く”女性層~

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本良江)が提供するインターネットアンケートサービス「NTTコム リサーチ」(旧gooリサーチ)は、「映画館での映画鑑賞」について、全国の10代~70代の男女を対象にアンケートを実施しました。

調査の結果、女性は”誰かと一緒に観に行く”複数名鑑賞者が多いことや、観た後に、周りの知人に口コミで広める傾向が強いことが分かりました。また、現在公開中で歴史的ヒットとなっている「アナと雪の女王」は、家族連れでの鑑賞者が3割を超えるとともに、直近1年間で「1本のみ」「2~4本」の映画を鑑賞したライトユーザーの鑑賞率が高いことが分かりました。

調査結果詳細:
http://research.nttcoms.com/database/data/001895/index.html

総括

日本映画製作者連盟によると、2013年の日本の映画興行収入は、対前年比でほぼ横ばいの99.5%となる1942億円でした。全体の興行収入は変わらないものの、興行収入上位の顔ぶれ(タイトル)を見ると、アニメタイトルが上位を占めるなど、例年にはない変化が見られました。
今回調査において、直近1年以内に映画館で映画鑑賞をした人(以下「映画館鑑賞者」)は全体の41.5%で、2012年調査から緩やかな減少傾向にあります。その中で、女性10代の鑑賞率は66.3%で最も高く、また、年間鑑賞本数でも2本以上の比率が高いことから、現在、劇場での映画鑑賞が最も身近な層であることが明らかになりました。
今回調査から、洋画×邦画に加え、実写×アニメという軸を加えたところ、直近1年以内で最も多く観られたのは「邦画実写」で65.6%の鑑賞率でした。性年代で、鑑賞率に傾向の違いが現れたものとしては、男性20代では「邦画アニメ」、女性20代では「邦画実写」の鑑賞率が高いこと等が挙げられます。
現在公開中で歴史的ヒットとなっている「アナと雪の女王」については、他タイトルと比べて、最もボリュームの多いライトユーザーや、ファミリー層を中心に複数名鑑賞者を多く取り込んでおり、ヒットの要因の1つとして考えられました。
女性層をターゲットにした映画がヒットすると言われている背景として、男性と比べて、女性では「誰かと一緒に観に行く」複数名鑑賞者が多いことや、観た後に、周りの知人に口コミで広める傾向が強いことがわかりました。女性層の映画鑑賞が、直接的、間接的に劇場への動員に寄与しているものと推察されます。

調査概要

  1. 調査対象 :「NTTコム リサーチ」登録モニター
  2. 調査方法 :非公開型インターネットアンケート
  3. 調査期間 :2014年5月23日(金)~2014年5月30日(金)
  4. 有効回答者数:3,103名
  5. 回答者の属性:【性別・年代】 男女別、10代~70代の各世代を均等回収 (前回同様)

調査結果のポイント

(1) 映画館鑑賞者はやや減少傾向。女性10代は鑑賞率が高く、鑑賞本数も多い。

直近1年以内に映画館で映画鑑賞をした人(以下「映画館鑑賞者」)は全体の41.5%で、2012年調査から約2ポイントずつ低下している。しかし、女性10代の鑑賞率は、各年代層の中で最も高かった前回調査からさらにアップし、66.3%となった。女性10代は年間2本以上の複数回鑑賞者も8割を占めている。一方で、1本のみ鑑賞者が多いのは男性では10代、女性では30代、40代である。

(2) 「邦画アニメ」が好きな男性20代。「邦画実写」が好きな女性20代。

直近1年以内に観た映画のジャンルは、前回調査と変わらず「邦高洋低」の傾向。今回調査から新たに、「実写」と「アニメ」という軸を加えた4ジャンルでみると、最も鑑賞率が高いのは「邦画実写」で65.6%。ほか、性年代でみると男性20代で「邦画アニメ」の鑑賞率が最も高く、女性20代で「邦画実写」が高い等の傾向がみられた。

(3) 複数名鑑賞者が多く、話を広める女性層、映画興行に寄与か。

「女性にウケる映画はヒットする」と言われているが、男性よりも、女性は「誰かと一緒に観に行く」複数名鑑賞者が多く(74.6%)、また、鑑賞後、観た映画の話を周りの知人に広める人が多い。この傾向が、映画館への観客動員に寄与していることがうかがえる。

  • (男女比較)直近1年以内で誰と観に行くことが多かったか。(単一回答)
  • (男女比較)直近で観た映画、鑑賞後に誰かに話したか。(複数回答)

(4) 映画館で映画を観る理由「いち早く観られるから」が、若年層で半数弱。

映画を観る方法が複数ある中、映画館での映画鑑賞を選ぶ理由として最も多いのは「大きなスクリーンでの鑑賞」。2番目に多い「いち早く観られるから」では、年代で傾向が分かれる。男女ともに年代が下がるにつれて「いち早く観られるから」が増える傾向にあり、10代、20代では半数近くに及ぶ。

(5) 「アナと雪の女王」、ライトユーザーや複数名鑑賞者を取り込むことに成功。

現在、歴史的大ヒット中の「アナと雪の女王」。他ヒット作と調査結果を比較したところ、ユーザー層の7割を占める年間1~4本鑑賞のライトユーザーの取り込みや、ファミリー層を中心に複数名鑑賞者の多いこと(8割弱)など、ヒットの要因に繋がる結果が得られた。

  • (男女比較)直近で観た映画、鑑賞後に誰かに話したか。(複数回答)

(6) 劇場鑑賞における「洋画」の字幕ニーズ、10代男性で最も低い。

劇場での洋画鑑賞における字幕、吹き替えニーズを「実写」と「アニメ」に分けてみると、「実写」では「字幕」が5割強でわずかに「吹き替え」を上回ったが、年代でみると傾向差が著しく、年代が下がるほど、字幕ニーズが弱まった。「アニメ」では「吹き替え」(72.4%)が、「字幕」(27.6%)を大きく上回った。「実写」「アニメ」どちらも字幕ニーズが最も低いのは男性10代。

(7) サマーシーズン観たい映画、続編、リメイク作を中心に関心が高い。

今年の夏観たい映画の1位は『ノア 約束の舟』(10.9%)であった。「12本以上鑑賞」のヘビーユーザーでみると、全体同様『ノア 約束の舟』(46.6%)が一番人気である。その他「GODZILLA ゴジラ」「るろうに剣心」「トランスフォーマー」等、続編、リメイク作を中心にヘビーユーザーからの関心が高い。

補足

■「NTTコム リサーチ(旧gooリサーチ)」
http://research.nttcoms.com/
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(http://www.nttcoms.com/)が提供する高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。
自社保有パネルとしては国内最大級のモニター基盤(2014年6月現在
217万会員)を保有するとともに、「モニターの品質」「調査票の品質」「アンケートシステムの品質」「回答結果の品質」の4つを柱とした「クオリティポリシー」に基づく徹底した品質確保を行い、信頼性の高い調査結果を提供するインターネットリサーチとして、多くの企業・団体に利用されています。
なお、2013年12月9日に、モニター基盤の拡大を機にサービス名称を「gooリサーチ」から「NTTコム リサーチ」と名称を変更し、サービスを提供しています。

■この調査は2012年から同時期に実施しているアンケート調査の3回目です。
第2回調査結果 (2013/6/18)
http://research.nttcoms.com/database/data/001574/

第1回調査結果(2012/6/15)
http://research.nttcoms.com/database/data/001454/

【本調査に関するお問い合わせ先】

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
ビジネスインテリジェンス本部
(Tel)03-4330-8402 (FAX)03-4330-8900
(E-mail)research-info@nttcoms.com