ニュース

2016年2月24日

[ニュースリリース] シンプルかつ安価にて消費者の“人となり”を理解するオリジナル・ライフスタイルクラスターの提供を開始

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本 良江、以下NTTコム オンライン)と、商品企画開発からプロモーション活 動まで、企業の顧客創造をアシストする株式会社コプロシステム(本社:東京都品川区、代表取締役:金田浩邦、以下コプロシステム)は、全国約10,000人に対して実施したインターネ ット調査のデータに基づき、「情報」、「購買・消費」、「日々の過ごし方」に関する簡単な24問の設問に答えるだけで、消費者を様々なライフスタイル特徴で6つに分類することがで きるオリジナル・ライフスタイルクラスター(*)を構築致しました。
 通常のアンケートの中にクラスター判定用の24問の簡単な設問を入れていただくことで、性・年代等のデモグラフィック属性や行動データによる分析だけではなく、意識・価値観とい う軸を加えた多面的な分析や、より精度の高い効果的なマーケティング活動にご活用いただけます。 NTTコム オンラインでは、消費者がどのようなライフスタイル・消費行動・価値観を持っているかという“人となり”をシンプルかつ安価に理解するためのツールとして、オリジナル・ ライフスタイルクラスターをご提供させていただきます。

「ライフスタイル・クラスター」に関する資料はこちら
http://research.nttcoms.com/r/case/pdf/lifestyle_cluster.pdf


(*)クラスターとは「房」「集団」を意味し、多変量解析の一つであるクラスター分析によって生成されるもので、様々なアンケート回答者データを似たような回答傾向毎にまとめ、消費 者をタイプ分類した結果のグループを指します。

【ライフスタイルクラスター構築の背景】

日本の社会は成熟の度合いを増し、消費者の求めるものはますます多様化してきています。そのような状況で、これまでのように性別や年代、居住地といったデモグラフィック属性に基 づくターゲティングを行っても、有効なアプローチをすることが難しくなっているのが現状です。そこで、より精度の高いターゲティングでマーケティング活動を行うためのツールとし て、生活行動や価値観、嗜好などのライフスタイル傾向で消費者を分類するオリジナルのライフスタイルクラスターを構築致しました。

<調査概要>
調査期間:2015年6月~2015年7月
調査方法:インターネットによるアンケート調査
有効回答数:10,957人
調査パネル:NTTコム リサーチ

【各クラスターの概略】

NTTコムリサーチモニター全国約10,000人にインターネット調査を実施し、「情報収集」や「購買・消費」「日々の過ごし方」など計24のライフスタイルに関する項目を分析し、活用と展 開を意識した6つのクラスターを構築しました。

①堅実に暮らしていきたい主婦的価値観層

女性比率が最も高く、かつ専業主婦比率も最も高いクラスターです。堅実な買い物の仕方を好み、テレビや口コミなどで情報を入手することが多くなっています。また人的ネットワーク を活用するのが上手い一方で、周囲の大半が動き始めてから、それに追従する傾向があります。







②情報に振り回されないマイペース派

平均年齢が最も高く、構成比が最も小さいクラスターです。情報入手に対して消極的で情報感度はあまり高くなく、モノやコトの「新しさ」を重視していません。また他人や物事への興 味や関与が低く、自分なりのペースで過ごす「持たざる生活」を好む傾向があります。







③他人の目を気にするトレンドウォッチャー

平均世帯年収が最も高く、既婚率も最も高いクラスターです。情報感度が非常に高く、流行にも敏感でアクティブに行動しています。また上昇志向も強く、ステータス性を重視していま す。一方で、他人から「センスの良さ」を認めて欲しいと思っており、自分に対する他人の評価を気にする傾向があります。







④消費で自己表現する都市型生活者

経済的に余裕があり、買い物することに喜びを感じるクラスターです。情報感度が高く購買意欲も旺盛ですが、自分らしさを大事にしているため「新しさ」よりも「自分にとっての価値 」を重視しています。また衝動買いをしやすい傾向があり、アクティブに行動しますが上昇志向はあまり強くありません。







⑤何事も自分で決めたいリスク回避派

未婚率が最も高く、一人暮らし率も高いクラスターです。デジタルリテラシーが高く情報収集能力も高いですが、何事にもチャレンジするよりは慎重に行動するタイプであるため、買い 物行動や趣味などでも具体的に行動する様子は見られません。また他人とのコミュニケーションについては淡白で、一人で行動することを好む傾向があります。







⑥ステータスを重視するフォロワー層

男性比率が最も高く、かつ構成比も最も高いクラスターで全体の1/4を占めています。自分から積極的に行動することはなく、周りの状況によって自分の行動を決めるフォロワー的な行動 傾向があります。また自分の基準で物事の判断をすることが少なく、社会的に評価の高いものやステータス性のあるものを頼って選択する傾向があります。







【ライフスタイル・クラスターの活用】

クラスター判定式により、「情報」、「購買・消費」、「日々の過ごし方」に関する24問の簡単な設問に答えるだけで、どのクラスターに属するのかを判定することができます。
ターゲットの性年代や行動データに加え、意識・価値観を把握することで、より精度の高い、効果的なマーケティング活動を行う事が可能となります。

活用イメージ
【アンケートでの利用】
通常のアンケート調査の中にクラスター判定用の設問を入れていただき、性・年代等のデモグラフィック属性による分析だけではなく、意識・価値観という軸を加えた多面的な分析を行 うことが可能となります。

【競合分析での利用】
ブランド単位、製品単位で、購入者層と競合状況を把握する場合、一般的なのが購入者属性にあたります。その属性に、クラスター反映用の質問を行って意識・価値観からの軸を加える ことで、新たな顧客像の発見につなげることが可能となります。

【CRM/DMPでの利用】
自社サイトユーザー(会員)にクラスター判定用の質問を行えば、一人一人の「意識・価値観」という新しい情報を付与することができます。ターゲットのライフスタイルや意識を使っ て、価値観クラスターごとに効果的な推奨メッセージの送付やDSPから類似ターゲットを割り出してオーディエンス拡張のターゲティング広告配信等のアプローチを行うことが可能となり ます。

消費者がどのようなライフスタイル・消費行動・価値観を持っているかという“人となり”を理解するためのシンプルなツールとして、ぜひ「ライフスタイル・クラスター」をご活用く ださい。

【NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社について】
社名:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
住所:〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目5番1号 大崎センタービル4F
URL:http://www.nttcoms.com/
設立:2012年10月
代表者:塚本 良江(つかもと よしえ)

【株式会社コプロシステムについて】
社名:株式会社コプロシステム
住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田1-6-3 いちご東五反田ビル4F
電話:03-5424-4050(代表)
URL:http://www.coprosystem.co.jp
設立:1998年10月
資本金:4345万円
代表者:金田 浩邦(かねだ ひろくに)
売上高:6億9500万円 第16期(2015年6月末時点)
事業内容:マーケティング総合プロデュース事業

<本件に関するお問い合わせ先>

お客様から本サービスに関する問い合わせ
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
リサーチ&CRM本部
TEL: 03-4330-8402
メールアドレス:research-info@nttcoms.com

報道関係者の方からのお問い合わせ先
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
広報担当 メールアドレス: pr-om@nttcoms.com


株式会社コプロシステム
広報担当 都染(つぞめ)、内藤
TEL:03-5424-4050