2017/09/06

【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

GIGYAコラム:SAP Customer Data Cloud from GIGYAがAdobeの賞を2年連続で受賞!

5月にロンドンで開催されたAdobe Summit EMEAにおいて、SAP Customer Data Cloud from GIGYAは、Adobe Exchange Partner of the Year EMEAアワードを2年連続で受賞しました。
Adobe Exchange Partner of the Yearアワードは、EMEA(欧州、中東、アフリカ)地域におけるAdobe社のお客様に高い関心を持たれたテクノロジーパートナーとしてAdobe社が選出するものです。

Gigya社のグローバルチャネル&アライアンス担当ヴァイス・プレジデントのPatrick McCueは、「当社は、お客様との長期的な信頼関係を構築するためにAdobe社のテクノロジーに依拠する事例が多いことから、SAP Customer Data Cloud from GIGYAプラットフォームとAdobe Experience Cloudを連携させるために多大な努力を傾注してきました。Adobe Exchange Partner of the Year EMEAアワードを再び受賞することでこの努力が認められたことを非常に誇りに思っております。」と述べています。

Adobe社のプラットフォームパートナー&ストラテジー担当のCody Crnkovich氏は、「SAP Customer Data Cloud from GIGYAのプラットフォームはサイト訪問者を理解しロイヤルカスタマーに変えていくために価値のあるツールです。私たちはこの受賞を祝福し関係をいっそう強めていくことを期待しています。」と述べています。

SAP Customer Data Cloud from GIGYAでは、現在Adobe Experience Cloudのうち、Adobe AnalyticsとAdobe Audience Managerを含むAdobe Analytics Cloudと、Adobe CampaignとAdobe Experience Managerを含むAdobe Marketing Cloudとの連携を提供しています。
詳細についてはSAP社サイト(英語)をご参照ください。

原文はこちらです。(SAP社サイトに遷移します)
Gigya Wins Adobe Exchange Partner of the Year EMEA Award for the Second Year in a Row

GDPR対応を成功に導く顧客ID統合に欠かせない3つのポイント

GDPR対応を成功に導く顧客ID統合に欠かせない3つのポイント

GDPR対応など、顧客ID統合の検討時の3つのポイントと、「カスタマー・アイデンティティ・マネジメント(CIM)」がそれらをどのように解決するかについて解説します。

お問い合わせ

顧客ID統合、GDPR等のプライバシー法規制への対応を実現するGIGYA。サービス内容や導入事例など、お問合せはお気軽に。

屋代 誠(やしろ まこと)

2011年より、米国ExactTarget社(現在はSalesforce社傘下)が展開する企業向けソーシャルメディア運用支援ソリューション”CoTweet"(2013年に”SocialEngage"へと名称変更)およびSalesforce社の”Social Studio"のプロダクトマネージャーとして、ソーシャルメディアを活用するビジネス戦略の立案・実行支援に携わる。
その経験を生かし、ソーシャルメディアを包含したカスタマー・アイデンティティ・マネジメント分野のエバンジャライズを推進。
Salesforce Certified Marketing Cloud Social Specialist資格を保有。

嶋田 貴夫(しまだ たかお)

大手メーカーでのソフトウェア開発経験を経て、2006年よりWebアクセス解析ソリューションVisionalistの企画・開発に携わる。
現在はCIMソリューション「SAP Customer Data Cloud from GIGYA」、および、SAP Customer Data Cloud from GIGYAとWebアクセスログ、MAやDMPを連携させたソリューションを紹介・提案するCIMエバンジェリストとして従事。