ブランドメッセージ ブランド紹介動画

SEMINAR / EVENT 開催予定セミナー・イベント

NEWS RELEASE ニュースリリース

CASE STUDY 導入事例一覧

コロナワクチン接種を円滑に進めるための予約日リマインドや緊急連絡。空電プッシュの導入により低コスト・省力化で効率よく実施

富士市は、南に駿河湾、北には富士山を臨む静岡県東部の中核都市。およそ25万人の市民が暮らしています。コロナワクチン接種が本格的に始まったことを機に、接種予約日のリマインドや接種日時に変更があった際の連絡目的で導入を決めたのが「空電プッシュ」です。保健部健康政策課の加藤氏に、導入の経緯や実際の運用方法についてお話を伺いました。

静岡県富士市 様

空電プッシュ

TIBCO Spotfireを活用したダッシュボードで、お客様ともリアルタイムに集計・分析結果を共有

日本全国にWi-Fiアクセスポイントを展開し、通信環境だけでなく、利用者の動向分析データなども提供する株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)。日々膨大なデータを収集する同社で、パワフルな集計・分析により一歩進んだデータ活用を実現したのが「TIBCO Spotfire」でした。ここではその経緯と導入後の詳しい活用方法について、認証レポートを担当している橋田氏、訪日外国人動態分析を担う川名氏、社内のデータ利活用を推進する堀江氏にうかがいました。

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2) 様

TIBCO

ヤマハ(株)様にグローバル顧客IDの統合管理・活用基盤としてSAP® Customer Data Cloud from GIGYAを導入 ~各国法規制への対応と地域特有のソーシャルログイン対応~

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本良江、以下 NTTコム オンライン)は、ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表執行役社長:中田卓也、以下 ヤマハ)のグローバルで展開、今後強化していくグローバル顧客IDの統合管理・活用の基盤として、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントプラットフォーム”SAP® Customer Data Cloud form GIGYA”を導入しました。

ヤマハ株式会社 様

SAP Customer Data Cloud

コンバージョン率を25%増加させたデータ分析とコミュニケーションの最適化

これまで、購入直前で離脱したユーザーにアプローチ方法として、ユーザーがサイトを離れた2日後のランチタイムにリマインドメールを一斉配信していました。このユーザーへのアプローチ方法を改善するために、コンバージョンする時間帯と曜日の関係を分析したところ行動の規則性を発見し、購入直前で離脱したタイミングから24時間後の配信に切り替えました。加えて、セール時の各ユーザーとその行動を分析した結果、コンバージョンするユーザーはセール期間中に複数回アクセスすることが分かった為、セール期間中は、検索落ちメール(サイト内で商品を検索したが購入に至らないユーザーへのリマインドメール)を通常よりも更に短い3時間後の配信に切り替え、全体のコンバージョン率は25%増加しました。

貝印 様

Mixpanel

NPS調査だけでは改善につながらない。弱点を明確化し、施策へ落とし込むにはNPX Proが不可欠

セキュリティソフトウェア業界のリーディングカンパニーとして、多くの人々をインターネット上の脅威から守り続けているトレンドマイクロ株式会社。同社で、NPSをより実効的な指標として活用するために導入されたのが「NPX Pro」でした。ここではその経緯と導入後の活用ぶりについて、コンシューマ営業本部 オンラインセールスグループのグループ長 マネージャー 千葉泰久氏、マネージャー 田中淳一氏、シニアスペシャリスト 片桐唯氏にうかがいました。

トレンドマイクロ 様

NPS

空電プッシュのスピーディな導入で自然災害への対応を効率化

業界有数の損害保険会社である三井住友海上火災保険株式会社。2018年、それまでにない規模の自然災害と対峙することになった同社が、時代に即した迅速丁寧なサービスを実現するために導入したのが「空電プッシュ」と「モバイルウェブ」、そしてRPAを連携させたシステムでした。ここではその経緯と導入後の活用ぶりについて、米澤氏、佐藤氏にうかがいました。

三井住友海上火災保険 様

空電プッシュ

「受診者の負担が少ない」ビデオトークのオンライン診療が、受診のハードルを下げる一助に

PrEP療法・ED治療の専門クリニックである一般社団法人レインボークリニック。立地条件やプライバシーといったハードルを超え、より多くの人に必要な医療を届けたいと考える同院が導入したのが「ビデオトーク」でのオンライン診療です。ここでは導入の経緯とオンライン診療での活用方法について、池田氏、野口氏にうかがいました。

レインボークリニック 様

ビデオトーク

月1,400通以上の請求書類を完全ペーパーレス化。社員の負担を軽減するだけでなく、取引先の利便性も高めお互いがWin-Winとなる業務改善に

ニューベイシブは、米国に本社を構える脊椎インプラント専門の医療機器メーカー。脊椎手技の専門家として世界一を誇り、世界50カ国以上の医療現場に貢献しています。2009年に日本拠点として設立されたニューベイシブジャパン株式会社は、コロナウイルスの感染拡大を機に、ナビエクスプレスによる帳票の電子化に踏み出しました。ここでは、同社セールスオペレーションチームの堀内氏と池田氏に導入までの経緯を伺います。

ニューベイシブジャパン 様

ナビエクスプレス

ビジュアルIVRは、電話でのお問合せをWebに誘導してお客様が課題を自己解決できるコールセンター向けサービスです。

ビジュアルIVRとは、IVR(自動音声応答システム)の自動音声ガイダンスをWebページもしくはアプリで可視化したシステムのことです。お客様を電話口からSMS(ショートメッセージ)を用いてビジュアルIVRのURLを含むメッセージ送信を行い、Webへ案内します。ビジュアルIVRへアクセスすることで、利用者自身が課題解決を行うことを目的としています。

ANA X 様

モバイルウェブ