Mixpanelの機能

主な分析機能

Mixpanelにはユーザー行動を理解するための機能が全て備わっています。
「パワーユーザーは誰なのか」「リピートのきっかけは何なのか」を突き止め、
お客様のウェブやアプリサービスを成長に導きます。
インサイト分析
インサイト分析
必要なデータを
すばやく視覚化
会員登録や決済完了などのユーザーのキーとなる行動の推移や、パワーユーザーなどの主要コホートの成長をモニタリングしたり、様々な視点で現在のトレンドと過去の結果を比較して分析することができます。
具体的な活用方法
スパイクポイントの分析と施策考案
コンバージョン件数が急激に増加(スパイク)した際に、その変化に影響を与えた原因をMixpanelで追求し、企画のヒントに繋げることが可能。
フロー分析
フロー分析
行動パターンを特定して
ユーザー体験を最適化
ユーザーがサインアップした後、または購入する前など、特定のイベントの前後のユーザー行動を確認することで、パワーユーザーの行動パターンを見つけ出し、他のユーザーと異なる点を明らかにすることができます。それにより、ユーザーはどこで行き詰まっているのか、どうすればパワーユーザーを育成できるのかを導き出せます。
具体的な活用方法
行動パターンの見える化
TOPパス機能を使って、パワーユーザーと一般ユーザーの行動パターンを一覧化。比較することで、機能の改善ポイントを明確にすることが可能。
ファネル分析
ファネル分析
誰が、なぜコンバージョンをしたのかを知る
リアルタイムにファネルを構築し、ユーザーの属性や行動毎に分類することで、どのユーザーが最もコンバージョン率が高いかを把握することができます。
また、離脱の原因となる行動を明確に特定することで、素早く対策を講じることができます。
具体的な活用方法
離脱改修ポイントの具体化
使用デバイス、使用OS、地域などのプロパティをはじめ特定の行動をしたグループごとの離脱率をファネル分析で可視化し、具体的な改善ポイントの発見が可能。
リテンション分析
リテンション分析
ユーザーが
リピートするために
Webやアプリにユーザーが再訪する頻度を可視化し、グループごとの定着率を比較したり、解約の原因を特定します。例えば、新機能のリリースやキャンペーン後のユーザーの再訪問率の変化を測定することで、リピートユーザーになるために有効な施策を正しく理解することができます。
具体的な活用方法
マーケティングコストの最適化
過去の広告キャンペーンごとにリピート率を比較し、どのキャンペーンがリピートを促進したのかを確認。不要な施策への投資を減らし広告の費用対効果UP。
コホート分析
コホート分析
異なるグループのユーザーがどのように行動するかを比較する
顧客の行動データやユーザー属性からユーザーを自由にグループ化できます。
グループ化したユーザーの行動を深く分析し、ユーザー特性に合った効果的なアクションにつなげることができます。
具体的な活用方法
WEB/SNS広告との連携
Mixpanelで作成したセグメントをFacebook / Instagram / Twitter 広告と連携すれば「SNS上にいる既存顧客」にもアプローチ可能。
シグナル分析
シグナル分析
データの相関関係を可視化、最適なアクションを提案
特定のコホートと各イベントがどれほど関連しているかをMixpanelのAIが分析し可視化。
パワーユーザーをはじめとする特定のコホートに近づくには「関連イベントを何日間に何回実行すれば良い」という具体的なサジェストがなされ、施策考案のヒントになります。
具体的な活用方法
パワーユーザー育成への重要なステップがわかる
「1ヶ月前はコアユーザー」かつ「今月はパワーユーザー」を1つのコホートにしてシグナル分析を活用。関係の深いイベントとその発生頻度を把握し施策を考案。
ダッシュボード
ダッシュボード
目標と結果の共有
Mixpanelのダッシュボードを使用すると、製品のすべての主要パフォーマンス指標を1か所でモニターすることができます。カスタマイズが容易で、データはリアルタイムで更新されるため、チーム全体が最新の数値をもとに意思決定を行うことができます。
ご利用いただけるアカウント数に制限は無く、Mixpanelの使用料金は一律です。
具体的な活用方法
役職 / 部署別に重要指標トレンドを把握
経営層は売上金額、営業チームは商談獲得件数、プロダクトチームはリテンション率など、役職や部署別にダッシュボードを作成し共有することが可能。