2017/08/30

【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

GIGYAコラム:米国の大手レストランチェーン『P.F. Chang’s』がGIGYAを採用

米国のアジア系料理レストラン業界のリーダーである『P.F. Chang’s』は、デジタルトランスフォーメーションを加速し、数百万ドルもの価値を持つロイヤルティプログラムを統合するために、GIGYAのカスタマー・アイデンティティ・プラットフォームを採用しました。

『P.F. Chang’s』は、米国で初めてのマルチユニットレストランであり、2000年の伝統を持つ中華料理を顧客体験の中核としています。現在、米国内に212の、米国外の20ヶ国において78のレストランを運営しています。

同社は、より深いオムニチャネルのカスタマー・リレーションを築くために、デジタルトランスフォーメーションに着手しました。同社がGIGYAを選択した理由は、クラウドベースのRaaS(Registration-as-a-Service)機能の実装が簡単であること、ソーシャルログイン機能において多くのソーシャルアカウントをサポートできること、そして、顧客の興味・関心に関するデータを収集できることです。GIGYA導入の最初のステップは、同社が運営している複数のサイトやeコマースプラットフォームにおいて統合された登録機能とシングルサインオン機能を提供することですが、デジタルダイレクトマーケティングを最適化するために重要な顧客属性データの取得も実施されます。

同社のインタラクティブ・エンゲージメント・ディレクターのBrian Best氏は、「GIGYAは、デジタルスペースにおいて顧客を識別するためのシームレスな入口を提供します。GIGYAは、私たちが全てのデジタルタッチポイントにおいて顧客とつながりを持つ新しい手段を提供するうえで助けとなることでしょう。パーソナライズされたオムニチャネルの顧客体験を提供するうえで、GIGYAの強固なプロダクトラインナップを活用することを楽しみにしています。」と述べています。

Gigya社のマーケティング担当ヴァイス・プレジデントのJason Roseは、「P.F. Chang’sのイノベイティブなカスタマー・エンゲージメント・プログラムをサポートできることをうれしく思います。同社は長年にわたりマーケティング・テクノロジーを自社開発されてきたのですが、それだけに、同社のIT・マーケティングチームに、GIGYAの短期間での実装に関するメソドロジー、ベストな顧客体験を提供することへの注力、そして顧客データの収集・最適化のための強固なツール群の価値を認めていただいたことを感謝しています。」と述べています。

原文はこちらです。(Gigya社サイトに遷移します)
Why P.F. Chang’s Chose Gigya

CRMを成功に導く顧客ID統合に欠かせない3つのポイント

CRMを成功に導く顧客ID統合に欠かせない3つのポイント

顧客ID統合を検討する際の3つのポイントと、「カスタマー・アイデンティティ・マネジメント(CIM)」がそれらをどのように解決するかについて解説します。

お問い合わせ

顧客ID統合、GDPR等のプライバシー法規制への対応を実現するGIGYA。サービス内容や導入事例など、お問合せはお気軽に。

屋代 誠(やしろ まこと)

2011年より、米国ExactTarget社(現在はSalesforce社傘下)が展開する企業向けソーシャルメディア運用支援ソリューション”CoTweet"(2013年に”SocialEngage"へと名称変更)およびSalesforce社の”Social Studio"のプロダクトマネージャーとして、ソーシャルメディアを活用するビジネス戦略の立案・実行支援に携わる。
その経験を生かし、ソーシャルメディアを包含したカスタマー・アイデンティティ・マネジメント分野のエバンジャライズを推進。
Salesforce Certified Marketing Cloud Social Specialist資格を保有。

嶋田 貴夫(しまだ たかお)

大手メーカーでのソフトウェア開発経験を経て、2006年よりWebアクセス解析ソリューションVisionalistの企画・開発に携わる。
現在はCIMソリューション「GIGYA」、および、GIGYAとWebアクセスログ、MAやDMPを連携させたソリューションを紹介・提案するCIMエバンジェリストとして従事。