2017/09/20

【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

GIGYAコラム:カスタマー・アイデンティティ・マネジメントプラットフォームへのデータ移行についてのベストプラクティス

カスタマー・アイデンティティ・マネジメントは、フォレスター・リサーチ社などの各リサーチ会社からも注目される分野ですが、顧客についてのデータが不十分であったり、そもそもデータが不足していては十分に有用なものとはなり得ません。企業が新しいカスタマー・アイデンティティ・マネジメントソリューションに移行する際には、以前のソリューションからデータを移行させるとともに、複数のソースからのデータをマージすることがよく行われます。今回は、この課題についてGIGYAがどのように取り組んでいるかについてご紹介します。

2016年には、GIGYAのグローバル・サービス・チームは160件以上のデータ移行プロジェクトを手掛け、計1.1億件以上のデータについて、複数のソースからの異なるデータのマージを含めて古いシステムからGIGYAのクラウドベースのSaaSプラットフォームに移行させました。最大のプロジェクトは、一度に3,000万件のデータを移行させたものです。

既存のユーザー管理システムやデータベースを存続させつつ新しいシステムにデータを移行させる必要がある場合、テンポラリなフィードバックループが必要となります。フィードバックループの複雑さと古いシステムのパフォーマンスによっては、この種のメカニズムがサイトのパフォーマンスに影響することもあります。

GIGYA以外のユーザーデータやクレデンシャルのデータベースを管理するためのオーバーヘッドを削減するために、GIGYAでは全てのユーザーデータをGIGYAのプラットフォームに移行していただきます。データベース管理にまつわるセキュリティリスクを削減し、シングルサインオンやIDフェデレーション、プリファレンス管理といった機能を付加することにもつながります。

重要なことは、ユーザー名やパスワード、ソーシャルログインの連携状態がそのまま保たれ、ユーザーが変化に気づかないことです。カスタマー・アイデンティティ・マネジメントの実装により、ユーザーはシングルサインオン、リスクベース認証、プリファレンス管理といった機能に気づくだけ、であるべきなのです。

データ移行プロセスは、テクニカルコンサルタントがパスワードのハッシュ化フォーマットをレビューすることから始まります。GIGYAでは多くのパスワードハッシュ化アルゴリズムをサポートしており、サポートしていないものであっても、カスタムハッシュをプラットフォームに移行させることもできます。

複数サイトでのデータ移行に際してよく訊ねられる質問は「ビッグバン・アプローチを採るべきか、それとも、フェーズ化アプローチを採るべきか?」です。GIGYAはどちらのアプローチもサポートしており、それに合わせてデザインすることができます。

ビッグバン・アプローチは通常4つのステージに分けることができます。

  • 1. テストインポート: プロダクションサイトの10%程度のデータを使います。データの品質を検証でき、既存アカウントがログインできることを確認します。
  • 2. ステージングインポート: 全データをインポートします。データの品質を検証するとともに、ボリュームテストを実施します。
  • 3. プロダクションインポート: 全てのアカウントが適切に格納されシームレスなログインができる状態となっていることを確認するために数営業日かけることを推奨しています。
  • 4. プロダクション・デルタ・インポート: データ移行の当日または翌日に実施し、プロダクションインポート後にアップデートまたは新規登録された少数のアカウントデータを対象とします。

フェーズ化アプローチにおいてもこの4つのステージを採ります。しかし、データ移行ごとに繰り返すこととなります。複数の異なるソースからのデータのマージも含みます。複数の古いソースから称号をかけることでカスタマー・アイデンティティ・データはよりリッチなものとなります。フェーズ化アプローチにおいては、新しいユーザーがログインできるように、新しいデータを古いプラットフォームにシンクロさせることもあります。

データ移行は困難を伴うものです。しかし、GIGYAのグローバル・サービス・チームは、スムーズなデータ移行を実現し成功をもたらす豊富な経験を有しています。

原文はこちらです。(Gigya社サイトに遷移します)
Getting from Here to There: Best Practices for Data Migration When Moving to a Modern Customer Identity Platform

CRMを成功に導く顧客ID統合に欠かせない3つのポイント

CRMを成功に導く顧客ID統合に欠かせない3つのポイント

顧客ID統合を検討する際の3つのポイントと、「カスタマー・アイデンティティ・マネジメント(CIM)」がそれらをどのように解決するかについて解説します。

お問い合わせ

顧客ID統合、GDPR等のプライバシー法規制への対応を実現するGIGYA。サービス内容や導入事例など、お問合せはお気軽に。

屋代 誠(やしろ まこと)

2011年より、米国ExactTarget社(現在はSalesforce社傘下)が展開する企業向けソーシャルメディア運用支援ソリューション”CoTweet"(2013年に”SocialEngage"へと名称変更)およびSalesforce社の”Social Studio"のプロダクトマネージャーとして、ソーシャルメディアを活用するビジネス戦略の立案・実行支援に携わる。
その経験を生かし、ソーシャルメディアを包含したカスタマー・アイデンティティ・マネジメント分野のエバンジャライズを推進。
Salesforce Certified Marketing Cloud Social Specialist資格を保有。

嶋田 貴夫(しまだ たかお)

大手メーカーでのソフトウェア開発経験を経て、2006年よりWebアクセス解析ソリューションVisionalistの企画・開発に携わる。
現在はCIMソリューション「GIGYA」、および、GIGYAとWebアクセスログ、MAやDMPを連携させたソリューションを紹介・提案するCIMエバンジェリストとして従事。