Dクリニック東京
(医療法人社団ウェルエイジング)様

ビデオトークのオンライン初診があったから、
外出自粛中でもいち早く治療をスタートできた

全国にAGA治療(発毛・脱毛抑制)クリニックを展開するDクリニック。専門クリニックとして広域から患者様が集まる同院で、通院の負担や、外出への不安を軽減するために導入されたのが、ビデオトークによるオンライン診療でした。ここでは、導入に至った経緯と導入後の活用方法について、加藤氏にうかがいました。

医療法人社団ウェルエイジング Dクリニック東京 加藤 知久 氏

来院が難しい患者様をきちんと診察するためにはビデオ通話が必要だった

― 貴院の診療内容についてお聞かせいただけますか。

当院は東京、大阪、福岡、名古屋でAGA(男性型脱毛症)の外来治療を中心に手掛けている自由診療のクリニックです。東京院では更年期外来、不妊外来なども併設しています。

― ビデオトーク導入のきっかけはどのようなことだったのですか。

AGAの患者様を想定してのことでした。治療の基本は、1か月に1回外来を受診していただき、状態を確認してからお薬を処方するといった形です。ただ専門クリニックということで、遠方からご来院される患者様も多く、月1回の通院でもご負担になってしまう・・・・・

この続きはPDF資料で紹介しております。

お客様プロフィール

Dクリニック東京(医療法人社団ウェルエイジング)

AGA・薄毛治療の「Dクリニック」

総合的な頭髪治療を中心に、全国4ヶ所(東京・名古屋・大阪・福岡)に全6院展開するクリニック。女性専門の不妊治療・更年期外来や、グループ企業では「スカルプD」の製造・販売も行っている。

(記事の内容は2020/10/7時点のものです。)

ビデオトークが良くわかる!導入検討中の方向け資料

資料ダウンロード資料ダウンロード

閉じる閉じる