野村不動産アーバンネット株式会社様

ビデオトークを活用して、モデルルーム来場前に接点を持つことで
成約率が1.5倍に

住宅流通、新築受託販売など不動産関連事業を広く手掛ける野村不動産アーバンネット株式会社。同社でこれまで主流を占めてきた「直接お会いする」営業スタイルの幅を、意外な方向へ広げたのが「ビデオトーク」によるオンライン接客でした。ここでは導入の経緯と導入後の活用について、中西氏、志村氏、洞口氏、伊藤氏におうかがいしました。

*野村不動産アーバンネット株式会社は、2021年4月1日に野村不動産ソリューションズ株式会社へ社名変更しました

モデルルーム見学よりも一歩前の、もっと気軽なアプローチが必要だった

― 貴社の事業内容と、皆様の業務内容についてお聞かせいただけますか。

伊藤氏 : 弊社には5つの事業がございます。今回お話をさせていただく事業からご紹介しますと、「住宅流通事業」(流通事業本部 営業企画部 中西氏、志村氏が所属)は、マンション・一戸建ての売買、不動産に関する取引をサポートしております。また「新築受託販売事業」(プロジェクト営業本部 洞口氏が所属)は、新築物件に関する取引などを担当しております。この他に、投資用・事業用不動産の流通、保険代理店事業、Webサイト「ノムコム」の運営なども手掛けております。

中西氏 : 私どもは流通事業本部の中にある営業企画部に所属しており、主にリテール仲介を担当しております。各種オンラインツールの利用の採用検討、現場推進を担当しております。

志村氏 : 私は同部企画課に所属しており、ツール導入後の運用、マニュアル整備、現場への訴求、サポートといった利用者への対応を担当しております。

洞口氏 : 私どもプロジェクト営業本部は、新築マンション販売を担当しております。私はいわゆる販売の現場でして、ビデオトーク導入にあたって、お客様との接点が多いということで参加しております。

伊藤氏 : 私は「デジタルビジネスラボ」というプロジェクトの一員として、今回のビデオトーク導入に携わらせていただきました。

― オンライン接客導入のきっかけはどのようなことだったのですか。

洞口氏 : 今年、コロナ禍でオンラインによる営業・接客に取り組み始めた企業様も多いとは存じますが、実は私どもはそれ以前から検討を始めておりました。というのも、年々モデルルームへ来場されるお客様が減少傾向にあり、課題感を持っていました。減少の背景・・・

この続きはPDF資料で紹介しております。

[取材にご対応いただいた方]
野村不動産アーバンネット株式会社
流通事業本部 営業企画部 副部長 中西 隆英 氏
流通事業本部 営業企画部 企画課 志村 昂俊 氏
プロジェクト営業本部 住宅販売一部販売三課 課長 洞口 友範 氏
デジタル推進部 マーケティング課 伊藤 帆南 氏

お客様プロフィール

野村不動産アーバンネット株式会社

野村不動産アーバンネット株式会社
不動産情報サイト「ノムコム」

不動産情報サイト「ノムコム」の運営、住宅売買の仲介、不動産投資・相続のサポート、新築分譲事業のサポート、保険代理店業などを提供しています。

(記事の内容は2020/10/14時点のものです。)

ビデオトークが良くわかる!導入検討中の方向け資料

資料ダウンロード資料ダウンロード

閉じる閉じる