タメニー株式会社
(パートナーエージェント)様

緊急事態宣言解除後も、入会者数を維持できたのは
「オンライン面談」があったから

「成婚率No.1」の結婚相談所・婚活情報サービス事業で知られるパートナーエージェント。これまでスタッフと会員様が“直接会う”ことを重視してきた同社で、新しいコミュニケーション手段となったのが「ビデオトーク」によるオンライン面談でした。ここではその導入経緯と導入後の活用について、佐藤氏にうかがいました。

タメニー株式会社 マーケティング本部 プロモーショングループ 佐藤 壮悟 氏

コロナ禍の外出自粛が、「ご来店」を前提とした集客を見直すきっかけに

― 貴社の業務内容についてお聞かせいただけますか。

弊社は結婚相談所、婚活パーティー運営などの「婚活事業」と、カジュアルウエディング周辺の『スマ婚』や『二次会くん』といったサービスを運営する「ウエディング事業」、この二つをメインに、現在事業展開しております。
今回「ビデオトーク」を導入したのは「婚活事業」において結婚相談所のパートナーエージェントです。業界では知名度の高い大手老舗が数社あり、創業14年目の弊社は新進といった位置づけですが、パートナーエージェントは「成婚率No.1」を謳っております。この成婚率No.1を支える要素として、高品質なサービスはもちろん、婚活でもPDCAサイクルを回して成果につなげる「スマート婚活プログラム」と、成婚コンシェルジュをはじめ各分野のスペシャリストによる「マルチサポートシステム」があります。
会員様の特徴としては、年齢的には20代~50代前後と幅広いものの、総じて一般平均よりも高収入の方が多いところでしょうか。入会時に独身証明書、年収証明、ご本人確認書などをお預かりしますので、身元が確かな会員様のみが入会されているというところもポイントですね。

― オンライン面談導入のきっかけはどのようなことだったのですか。

2020年3月半ばごろ、弊社でも新型コロナウイルス流行の影響を受けて「見込み顧客を集客したいものの、来店予約をしていただくのが難しい」という状況が出てきました。それまで、ご来店を前提としていたため、積極的にオンライン接客を取り入れてこなかった・・・

この続きはPDF資料で紹介しております。

お客様プロフィール

タメニー株式会社

結婚相談所・婚活支援サービス「パートナーエージェント」

パートナーエージェントは、もっと信頼できる結婚情報サービスを目指して設立された、「成婚率No.1(※)」の結婚相談所・婚活情報サービス事業。
(※)2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績

(記事の内容は2020/10/2時点のものです。)

ビデオトークが良くわかる!導入検討中の方向け資料

資料ダウンロード資料ダウンロード

閉じる閉じる