2017/12/15

【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

GIGYAコラム:大企業におけるカスタマー・アイデンティティ・マネジメントソリューションの実装をいかに進めるか

複数のリサーチ会社が明らかにしているように、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントは、インターネット時代の膨大な匿名のビジターを理解し、ロイヤルカスタマーに変えていく力を企業に与えます。また、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントは、変化を続けるグローバルのデータプライバシーコンプライアンス要求に応えるべくよりセキュアなカスタマー・プロフィール管理のための効果的なソリューションでもあります。

不幸なことに、大企業レベルの実装作業にかかわったことのある方なら誰でもご存知かと思いますが、カスタマー・アイデンティティ・マネジメント・ソリューションの実装において「魔法のショートカット」はありません。多国籍の大組織においては、以下のような恐るべき課題に直面しているのです:

  • ・ビジネスユニットやIT組織の分散
  • ・ブランド固有の要求(登録・ログイン・プロフィール管理画面のルック&フィールや、異なるブランド間のワークフローなど)
  • ・サービスを提供している国
  • ・採用されているサードパーティ・マーケティング・アプリケーション

自社内のブランド、地域ごとに、恒常的かつ確実に集中管理型ソリューションをシームレスに実装できるプラットフォームの機能と、豊富な経験を有するチームが役に立つのではないでしょうか? このプラットフォームとチームのコンビネーションがメソドロジーとベストプラクティスをもたらすことで、ビジネスが要求したりある地域の法制度が変更された際にはソリューションをアップデートできるとしたら、さらに素晴らしいことではないでしょうか?

GIGYAのカスタマー・アイデンティティ・マネジメント・ソリューションはこれらの要求に応えることが出来ます。
GIGYAはグローバルで700社以上に採用された実績を有しており、大企業レベルでのプラットフォーム実装における課題をいかに解決するかについての経験を有しています。

GIGYAのブリーフペーパー“Three Keys to Successfully Orchestrating and Deploying Customer Identity at Scale”(英語)では、以下について詳細に説明しています。

  • 1. カスタマー・アイデンティティ・マネジメント・ソリューションの設定・管理・実装における一連の作業においてグローバル企業が直面する潜在的なチャレンジ
  • 2. 複数の地域における各ブランドとサイト・アプリをまたがって実装の調整を進めていくために必要とされる実装メソドロジーとベストプラクティス
  • 3. 最適な顧客体験とセキュアかつプライバシー法規制に準拠したカスタマー・アイデンティティ・マネジメント・ソリューションとなるGIGYAプラットフォームの特徴・機能

原文はこちらです。(Gigya社サイトに遷移します)
How Large Enterprises Can Best Orchestrate and Deploy Customer Identity

【5月31日(木)開催 無料セミナーのお知らせ】

B2Cグローバル企業が対応すべき顧客IDの統合と活用法
~顧客データのマーケ活用とGDPR対応を両立する カスタマー・アイデンティティ・マネジメント~

デジタルマーケティングにカスタマー・アイデンティティ・マネジメントが必要な理由

デジタルマーケティングにカスタマー・アイデンティティ・マネジメントが必要な理由

デジタルマーケティングにおいてマーケティングとセキュリティを両立させる新しい概念について解説します。

メールマガジン

GIGYAコラムやセミナー情報を初め、
お役立ち情報をメールで配信!

屋代 誠(やしろ まこと)

2011年より、米国ExactTarget社(現在はSalesforce社傘下)が展開する企業向けソーシャルメディア運用支援ソリューション”CoTweet"(2013年に”SocialEngage"へと名称変更)およびSalesforce社の”Social Studio"のプロダクトマネージャーとして、ソーシャルメディアを活用するビジネス戦略の立案・実行支援に携わる。
その経験を生かし、ソーシャルメディアを包含したカスタマー・アイデンティティ・マネジメント分野のエバンジャライズを推進。
Salesforce Certified Marketing Cloud Social Specialist資格を保有。

嶋田 貴夫(しまだ たかお)

大手メーカーでのソフトウェア開発経験を経て、2006年よりWebアクセス解析ソリューションVisionalistの企画・開発に携わる。
現在はCIMソリューション「GIGYA」、および、GIGYAとWebアクセスログ、MAやDMPを連携させたソリューションを紹介・提案するCIMエバンジェリストとして従事。