ニュース

2017年12月19日

「空電プッシュ」、SMS送信機能をIoT/M2M向けに拡充
~M2M等専用番号(020)向けのSMS送信に対応~

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本良江、以下NTTコム オンライン)は、総務省がIoT(Internet of Things)/M2M(Machine to Machine)の拡大を見込み、専用の電話番号(020)(以下、「020番号」)を創設したことを受け、本日よりSMS(ショートメッセージサービス)送信サービス「空電プッシュ」にて、020番号向けのSMS送信対応を開始いたします。

■拡大が見込まれるIoT/M2MデバイスへのSMS利用

 世界中のIoT/M2Mデバイスは2016年時点で173億個あると言われており、2020年には約300億個と現状の2倍近くに拡大する見通しです。また、日本国内企業のIoT/M2M導入率は現在の20%程度から、2020年には40%強へと大きく伸びることが予測されており、※1、その中で、SMSはスマート家電、スマートメーター、自動車(テレマティクス)、デジタルサイネージ、監視カメラ、重機などのIoT/M2Mデバイスへの制御用信号(電源ON/OFF、設定情報追加等)としての利用が期待されています。

■IoT/M2M活用における空電プッシュの特長

  1. 空電プッシュのWeb管理画面、及び、APIを使い簡単にデバイスへSMSを送信することができます。
  2. 国内主要3キャリアと直収接続しているため、デバイスで利用するSIMのキャリアが混在している場合でも、問題なく始めることができます。
  3. 送信元番号を固定してSMS配信ができるため、デバイス設定により、外部のSMS からの不正アクセスを防ぎ、セキュアに利用することができます。
  4. SIMが着信可能か圏外かの結果を取得できる着信結果確認機能により、デバイスの動作状況を素早く確認することができます。


 今後も当社は、SMS送信サービスのリーディングカンパニーとして、お客様からの声、また導入実績からの知見を活かした製品開発を積極的に進め、SMS送信市場の成長に貢献してまいります。

※1 出典:総務省 平成28年度版情報通信白書

<SMS送信サービス「空電プッシュ」について>

 100%に近い開封率を誇るSMSを利用して、携帯電話番号のみで簡単に一斉メッセージを送信できるASPサービスです。『DM、メール、電話で顧客と連絡を取ろうとしているが、なかなか連絡が取れない』『郵送代、電話代など連絡にかかる費用を削減したい』といった課題を解決します。着信結果確認機能・携帯キャリア自動判定機能などが特長です。

空電プッシュについては、詳しくはこちらからご覧ください:
https://www.karaden.jp/

<NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションについて>

 NTTコム オンラインは、顧客との新しい絆を創るソリューションパートナーとして、テクノロジーとデータ解析力を強みに企業と顧客の絆を創出し、顧客ロイヤルティマネジメントやオムニチャネル顧客接点・マーケティングオートメーションなどのマーケティング・ソリューションを提供しています。

名 称: NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
所在地: 〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目5番1号 大崎センタービル
代表者: 代表取締役社長 塚本 良江
URL : https://www.nttcoms.com/

<お問い合わせ先>

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
モバイルサービス部
TEL: 03-4330-8390
URL: https://www.karaden.jp/
メールアドレス: info_karaden@nttcoms.com