OMOマーケティングを実現する
スマホアプリ開発

OMOマーケティングとは

OMO(Online Merges with Offline)とは、オンラインとオフラインを融合させるという考え方です。
お客様はオンラインとオフラインを区別して考えておらず、自分にとってよりメリットのある購買方法を選択します。
お客様のオンライン上での行動と店舗でのオフライン上での行動を区別することなくデータとして取得し、その膨大なデータを蓄積・分析することで、店舗の改善活動に活かすことができます。
従来のO2O(Online To Offline)という考え方は、オンラインとオフラインを区別しオンライン上のお客様をオフラインである店舗に誘導するというものでした。
OMOマーケティングはO2Oマーケティングの考え方とは大きく異なります。
OMOマーケティングは、蓄積した膨大なデータを分析し改善活動を細やかに行うことで、お客様にとってより良い体験を創出しご提供し続けることを可能にします。

OMOマーケティングとスマホアプリ

OMOマーケティングにおいてスマホアプリはオフライン上の行動をデータ化する役割を担います。
例えば、店舗でクーポンを使った・来店スタンプをどこで何個貯めたといったような情報を電子化することで、行動データを蓄積することが可能です。
さらに、スマホアプリとPOSレジの連携開発を行うと行動データと購買データを紐づけて管理できます。
弊社ではこういったデータの収集・分析までワンストップでご提供することが可能です。
※データ解析や外部システムとの連携開発は個別に費用が発生します。

スマホアプリでお客様とのタッチポイントを増やす

蓄積したデータをもとに、新たなクーポンやプッシュ通知を配信することが可能です。
行動データをもとに、ターゲットとなるお客様を絞り込み、特別なクーポンやプッシュ通知を配信する機能も実装しています。
これらの機能を活用し再来店の促進を行うことで、お客様と店舗のタッチポイントを増やすことができます。

タッチポイントを増やすことのメリット

スマホアプリを活用してお客さまとのタッチポイントを増やすことで行動データを収集・分析し、再来店の促進、売り上げ拡大施策が実施しやすくなります。
タッチポイント毎にお客様がいつ来店して何をしたのかといった行動・購買データを得て、これらのデータを蓄積・分析することで更なる顧客体験の向上にむけた施策の企画に役立てることができます。

スマホアプリは顧客体験向上のカギ

スマホアプリをきっかけにお客様とのタッチポイントを増やし、再来店の施策を行うことで売上の拡大だけでなく、より多くの行動データを蓄積することが可能となります。
行動データを分析すると、様々なことが把握可能です。
購買データだけでは、利用者情報に紐づく売上分析ができません。
POSで取得した購買データにアプリ会員証で取得した会員データを結び付けると利用者の姓年代別の分析や来店回数別の分析も可能になります。
これらのデータを活用して店舗でお客様毎の顧客体験を提供・改善し続けることが重要です。
お客様は自分にとってより良い体験を選びます。
スマホアプリを通して、OMOマーケティングを実現してみませんか。

モバイルウェブ 
スマホアプリの特徴